「キャッシュレス」が進む中国やインドと比べてわかった、日本の「キャッシュレスの現状と課題」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の3倍のキャッシュレス決済比率の中国が、キャッシュレス社会に進んだ1つの大きな要因は、スマホ普及率9割だそうです。

日本のスマホ普及率は6割ほどしかないのには驚いた。

インドは高額紙幣が廃止されたためにキャッシュレス決済比率が高まっている。

日本もキャッシュレス80%目指すため、経産省が提言している小売店に対し、税制優遇を措置
を行い普及を目指すのでしょう。

インドは国民に対しての対策なのに対し、日本は小売店に対しての対策というのは、経産省の提言だからですかね。

お客さんが使いたいと思えば、小売業者は導入すると思うので、キャッシュレス支払にまつわる不安も抱える国民への税制優遇とか、仮想通貨をつかったインセンティブとかが効果的ではないですかね。

 

https://manetatsu.com/2018/09/143816/

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*