「10億人が仮想通貨を使う世界を5年以内に作る」ことをCoinbaseのブライアン・アームストロングは狙っている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近い将来、今のネットのように世の中のあらゆる産業や生活に利用されるブロックチェーン技術に対して、Binanceはプラットフォームをつくり、ICOを育成し、仮想通貨の流動性を確保しようとしています。

Binanceのブロックチェーン普及社会への貢献度は高いのですが、Coinbaseがいう10億人が仮想通貨を使う世界を作ることが出来れば、BinanceとCoinbase活動により。今の金融機関をリプレイスすることができ、自律した分散化した社会構造も可能になるかもしれませんね。

それはドルや円などの法定通貨を中心とした価値基準ではなく、人によってビットコインでもいいし、ライトコインでいいし、円でもいいし、ドルでもいい世界なんだと思います。

 

「10億人が仮想通貨を使う世界を5年以内に作る」ことをCoinbaseのブライアン・アームストロングは狙っている

仮想通貨企業として初めて企業価値10億ドル(約1100億円)以上の評価を得て、仮想通貨ユニコーンとしてウォールストリートの投資家の期待を集める「Coinbase」のブライアン・アームストロングCEOは、来るべき巨大なデジタル金融市場の到来を予想し、今後5年で仮想通貨などのデジタル暗号技術を10億人の人が用いる世界を作り出すという野望を抱いています。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*