イーサリアムのシャーディング(分裂)が間近?トランザクション規模拡大実現へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロックチェーン技術を使い非中央集権的な形だと、ブロックの生成にどうしても時間がかかってしまいます。
イーサリアムのシャーディングは、トランザクションの検証作業をノード群ごとに役割分担し、同時にトランザクションを処理する仕組みです。

これにより、ビットコインでは10分ほどもかかるりますが、この方法になるとわずか2~8秒で新しいブロックを形成する事ができ、スケーラビリティも改善されるようです。

ビットコインはライトニングネットワークでトランザクションの改善を目指し、イーサリアムは自らシャーディングを開発し変更改善を行なう。

どちらが優れているとかもありますが、長い目でみてどちらがブロックチェーンのメリットを最大限活かしたブロックチェーンらしさを比べるような世界なのかもしれません。

 

イーサリアムのシャーディング(分裂)が間近?トランザクション規模拡大実現へ|CoinChoice

イーサリアム(Ethereum)開発者のヴィタリック・ブテリン氏は、投資家待望のイーサリアム・ブロックチェーンプロトコル(Ethereum blockchain …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*