イーサリアム共同設立者 ルービン氏インタビュー:イーサリアムなんて不可能だと言われたけれど、素晴らしい成功を収めた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イーサリアムはスマートコントラクト技術を、インターネットのRFCにならってERCとして規格化し、インターネット黎明期と同じように人々が、リソースをシェアする動機付けになったのが大きかったように思います。

そして、米証券取引委員会(SEC)から証券ではないとされたことに加え、非中央集権化であることで、多くの開発者を惹きつけイーサリアムアプリケーションレイヤーの開発者は、現在約40倍にまで拡大しました。

ただ、イーサリアムのスマートコントラクトが使われるようになればなるほど、外部プログラムのセキュリティによるリスクに伴う影響は今以上に大きくなります。

また、スケーラビリティに関わるトランザクション問題は、まだ未解決なためプライベートブロックチェーンによるスマートコントラクトが増えるようにICO研究室では見ています。

イーサリアム共同設立者 ルービン氏インタビュー:イーサリアムなんて不可能だと言われたけれど、素晴らしい成功を収めた

イーサリアム共同設立者でコンセンシスCEOであるジョセフ・ルービン氏にインタビュー。イーサリアム誕生の話や、コンセンシスのビジネスについて語ってくれた。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*