ウィンクルボス兄弟発行のステーブルコインからみる日本の今

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ステーブルコインは法定通貨と連動するため、マイクロペイメント(小口決済)における仮想通貨の懸案事項である価格の安定という上では欠かせない存在と言えます。
ウィンクルボス兄弟が運営するジェミニ取引所が発行するドルとペッグ通貨『ジェミニドル』は、他のペッグ通貨と違いニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)が認可したこと、取引所が発行することで注目を集めそうです。

ペッグ通貨は発行枚数と同等の法定通貨(米ドル)を現金準備金として、保有しなければなりませんが、ジェミニドルは独立した機関の上場監査法人が毎月確かめる。
米ドルとのペッグ通貨はテザーが有名ですが、こちらは昨年末にテザーを使ってビットコインの価格を操作した疑いが持たれ、現金準備金としての保有疑惑がありました。
ジェミニドルは第三者機関による毎月の監査があるため、テザーよりも信頼度は高そうです。

日本においてはLCNEMというステーブルコインが発行されていますが、仮想通貨販売に必要な仮想通貨交換業の登録をしていないため、前払式支払手段(法定通貨でポイントを購入するプリペイドカード方式)となってしまっており、純粋なペッグ通貨とは言えません。

日本でもジェミニドルのように、金融庁から仮想通貨交換業の認可された仮想通貨取引所からの、ステーブルコインの発行に期待します。

また、JコインやMUFGコインはペッグ通貨としてアナウンスされており、こちらも銀行が発行する意味では信頼性は高そうです。

 

 

 

 

Gemini Launches the Gemini Dollar: U.S. Dollars on the Blockchain

When we founded Gemini over four years ago, our mission was simple: build a bridge to the future of money . As a first step, this meant making it safe and easy to buy, sell, and store cryptocurrencies like bitcoin, ether, and Zcash.

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*