クリスマスプレゼントには仮想通貨? 英中央銀行のアンケートで70%が「デジタル通貨」と回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イングランド銀行が行ったクリスマスプレゼントのアンケートで、「現金、銀行振込、商品券、デジタル通貨」だったたどれがいいか?を調査したところ、70%がデジタル通貨を選択選択しました。

現金よりもデジタル通貨だったところに、キャッシュレス化が進んだイギリスらしさがあるとも言えますね。

デジタル通貨=仮想通貨とは限らないでしょうから、注意が必要ですが仮想通貨の将来性は感じられるかと思います。

注目したいのは、同時に行われた仮想通貨に人気投票で、「ビットコイン、リップル、イーサリアム、その他」の中では、一番人気はビットコインではなく、46%でリップル、ビットコインは31%、その他が14%で、イーサリアムは9%でした。

これは正直意外でした。

先日のGoogle検索の記事でもそうでしたが、仮想通貨の認知度が上がってくると、リップルへの人気が高まっていると言えそうです。

2019年はリップルへの注目が高まりそうですね。

このアンケートが全てではありませんが、2019年の仮想通貨のドミナンス(支配率)への影響は高くなると思います。

 

クリスマスプレゼントには仮想通貨? 英中央銀行のアンケートで70%が「デジタル通貨」と回答

英国の中央銀行であるイングランド銀行は、クリスマスを前に一風変わったアンケートを ツイッターで実施した。 「お金をプレゼントとしてもらえるのならば、どんな方法がいいのか」を聞いたところ、デジタル通貨という回答が70%と、圧倒的な支持を集めた。 Screenshot of the Bank of England’s Twitter survey. Source: Twitter …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*