ゴールドマン、仮想通貨ファンド向けカストディー事業を検討ー関係者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手投資銀行の中で、仮想通貨に対して肯定的なゴールドマン・サックスは、仮想通貨ファンド向けのカストディ(保管)サービスを検討しているようです。

カストディサービスは、伝統的な機関投資家が仮想通貨投資が参加しやすくなる体制でので、新たな機関投資家を呼び込むことができやすくなります。

また、ヘッジファンドに対してサービスを提供するプライムブローカレッジ業務など、他のサービスにつながる可能性もあるため、ゴールドマン・サックスがカストディサービスを始める可能性は高いように思います。

かっての高い収益モデルを構築していたゴールドマン・サックスですが、現在はJPモルガンのほうが高く、JPモルガンに追いつき、追い越すためにゴールドマン・サックスは、仮想通貨に対して積極的に展開し新しい安定した基盤を構築しようとしているように思えます。

付帯サービスが見込めるカストディサービスは、ゴールドマン・サックスだけでなく、仮想通貨取引所でも相性のいいサービスだとは思いますので、仮想通貨取引所でも始めるところは出てきそうですね。

ゴールドマン、仮想通貨ファンド向けカストディー事業を検討

ゴールドマン・サックス・グループ は仮想通貨ファンド向けのカストディー(証券管理)サービスを検討していると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ハッカーの攻撃などから投資を守りたい顧客に代わって証券を管理することで、リスク軽減につなげる考えだという。   非公開の検討事案であるため匿名で話したこれらの関係者によると、検討はまだ継続中で、サービス投入に向けた時間的な枠組みは決まっていない。 原題: Goldman Is Said to Consider Custody Offering for Crypto Funds (抜粋)

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*