トップはリップル、1ドル以下で買える人気仮想通貨の特徴とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少額から初められるメリットは多くのユーザが参加できるため、手軽に始められるきっかけになりやすいです。

それが1ドル以下であれば、ホルダーユーザの年齢層も広くなり、将来の仮想通貨の格付けにも影響を与えると考えられます。

仮想通貨の格付け機関のワイス・レーティング社のアンケートによると1ドル(約112円)以下で買うのにベストの仮想通貨はリップル(XRP)と64%のユーザが答えました。

リップル(XRP)以外ではカルダノ(ADA)やモネロ(XMR)、ステラ(XLM)、IOTA(IOTA)などです。

それぞれの仮想通貨の特徴を見ていきたいと思います。

・リップル(XRP):送金スピードが早い
・カルダノ(ADA):イーサリアムのようなスマートコントラクト&送金スピードが早い
・モネロ(XMR):秘匿性高い通貨
・ステラ(XLM):リップルを元にした個人向け決済通貨
・IOTA(IOTA):IoT向けの強固なセキュリティと送金手数料無料

この結果から言えることは、決済通貨向けの将来性や、スマートコントラクト向けなど目的は分かれますが、多くの通貨に言えることは送金スピードが早い通貨が人気と言えるかと思います。

PS:先程、他の研究員からの質んされたのですが、モネロも送金スピードは早い方に属すると言っていいと思います。
カルダノについては何度か過去の記事でも触れていますので、興味のある方はあわせてご覧くださいませ。

 

1ドル以下で買える仮想通貨で一番人気はXRP 米格付け機関によるアンケート結果

「1ドル以下で買える仮想通貨の中で一番人気はXRPーー。」

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*