バイナンスが作る分散取引所の意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

取引所からの仮想通貨流失事件が続きますが、仮想通貨が自体がデータであるため、いくらセキュリティを強化しても、銀行のようなセキュリティレベルは難しいのではないかと言われています。

流出を防ぐ最も安価で確実な方法は、仮想通貨を取引所に置かない分散取引所でなのですが、まだまだ取引量が少なく、取引手数料が高いのが問題でした。

そんな中、バイナンスはバイナンスコインであるBNBトークンを、手数料に使う分散取引所の公開ベータ版を年末・年初には立ち上げると発表しました。

 

バイナンスが分散取引所を立ち上げると分散取引所の認知度は一気に高まり、取引量も増えることが予測されますので、取引手数料も安くなると思われます。

 

分散取引所には運営会社がいませんので、非中央集権的な管理者のいない取引所となりますので、安価で安全な取引所が構築できます。

それはWiFiポイントがネットへの接続が窓口であるように、たくさんの分散取引所が仮想通貨へのGatewayのような働きを持つようになると思われます。

 

仮想通貨取引所であるバイナンスが、管理者のいない分散取引所の構想を持っていたことに、驚きとともにその勇気に感動いたしました。

 

 

【速報】CZ氏「バイナンストークン(BNB)を分散型の仮想通貨取引所の基軸ガスに」年末年始公開に向け準備中

バイナンスが発行する仮想通貨BNBトークンをガスとした分散型の仮想通貨取引所ができるという。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*