ビットコインなど仮想通貨、価格操作ないか米司法省捜査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、ビットコインの価格が下がってきている原因の1つに、ウォッシュトレードや見せ玉による価格操作疑惑がありそうです。

トレーダーの方が価格が動きそうと判断する基準の1つに、取引高があろうかと思います。

実態を伴わない売買を口座間で繰り返し虚偽の取引高をつくることを、ウォッシュ・トレード(仮装売買)といいますが、虚偽の取引高を膨らませ他の人の取引を誘発したり、見せかけの大量注文や取り消しを繰り返す「見せ玉」が行われた可能性があり米司法省が操作するようです。

これらの行為は株式取引では違法とされており、こういった不正を仮想通貨で行わないよう交換所が、積極的に監視していくことが問われるようになりそうですね。

 

ビットコインなど仮想通貨、価格操作ないか米司法省捜査

米司法省は、ビットコインなどの仮想通貨について、トレーダーによる価格操作がないか、刑事捜査に着手した。事情に詳しい関係者4人が明らかにした。不正行為がまん延しているとの批判もある仮想通貨市場に対し、米当局が監視を大幅に強化することになる。   匿名を条件に語った関係者によれば、同省が重点的に捜査しているのは、約定を意図しない見せ玉を注文し、狙った方向に価格が動けば素早く注文をキャンセルする「スプーフィング」や、自己売買による仮装取引で第三者を欺く「ウォッシュトレード」などの違法な手口。   連邦検察当局は、ビットコイン先物の取引監視に当たる商品先物取引委員会( CFTC )と協力しているとされる。仮想通貨を巡っては、不正を働くトレーダーを全ての交換所が積極的に追跡しているか疑問がある点や、価格操作を容易にするような大幅な価格変動、株式などとは違って規制を欠くことが、不正の温床となりかねないと懸念されている。   この一報を受けて24日の取引でビットコインは 続落 し、ロンドン時間午前9時32分現在は3%安の7409ドル。5月4日に付けた直近高値からの下げは20%を超えている。   司法省の報道官はコメントを控えた。CFTCの当局者にコメントを求めたが返答はない。関係者によると、捜査は初期的な段階にあるという。 原題: Bitcoin Manipulation Is Said to Be Focus of U.S. Criminal Probe(抜粋) Bitcoin Manipulation Said to Be Focus of U.S. Criminal Probe (1)

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*