ビットコインキャッシュのウォレット「Yenom(エノム)」は日常使い・少額決済に特化したシンプル設計アプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

取引所の数が増え、差別化のためいろいろ特徴的がある取引所が出てきていますが、ウォレットでも取引所と同じように個性的なウォレットが出てきています。

その一つがこの「Yenom(エノム)」でユーザが秘密鍵を持たない設計のため、資産の保全に関してアプリを提供する会社を信頼する形となっています。

そして、ビットコインキャッシュ専用のウォレットというめずらしいウォレットと言えます。

これはビットコインキャッシュをビットコインSegwit ウォレットのアドレスに送付した場合、ビットコインキャッシュにはSegwitが導入されていないため、実質取り出すことができないという状況を回避するために作られたウォレットなんだと思います。

ビットコインキャッシュのウォレット「Yenom(エノム)」は日常使い・少額決済に特化したシンプル設計アプリ|CoinChoice

Junya Hirano 平野淳也 先日3月23日~25日に、東京にて、主にビットコインキャッシュ(BCH)の開発者向けイベントであったサトシズビジョンカンファレンス(以下:SVC)にお邪魔してきました。 当日の様子は、コインチョイス編集部でもレポートが書かれています。 【Satoshi’s Visionイベントレポート】 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*