ブロックチェーンのチェーントープ、1億1000万円調達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロックチェーン技術が注目されてるようになり、プライベートチェーンとパブリックチェーンの違いへの、理解も深まって来ています。

トランザクション処理を早くするのであれば、コンセンサスアルゴリズムの方法(例えばPoC)と、チェーン自体を限定的なプライベートにすれば、VISAの1秒間で24,000トランザクション処理は難しいかも知れませんが、3000〜4000の処理は可能となります。(EOSがトランザクション処理でVisaを上回ったとの報道発表はありますけどね)

おそらく、ブロックチェーンの需要からすれば、ブライベートチェーンやコンソーシアムチェーン(接続先が限定されたチェーン)がメインになるのでしょうが、それらを下支えするパブリックチェーン開発は、ブロックチェーン技術の発展には欠かせないものと言えます。

パブリックチェーンの開発はコミュニティに依存度が高い中、ブロックチェーンのベースレイヤーの基礎構造の技術研究や、セカンドレイヤーの技術開発をおこなっている会社であるチェーントープさんが、資金調達できたことは日本のブロックチェーン技術の発展においては喜ばしいことと言えるでしょう。

今後もこの手の企業が資金調達が出来ることで、ブロックチェーン技術の発展が加速するといいですね。

 

ブロックチェーンのチェーントープ、1億1000万円調達

ブロックチェーン(分散型台帳)技術開発のチェーントープ(福岡県飯塚市)は、ベンチャーキャピタルのANRI(東京・渋谷)から1億1000万円を調達した。調達資金は既存のブロックチェーンに新たな機能をも

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*