ブロックチェーンはオンライン著作権侵害から映画を守れるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロックチェーン技術に基づく新しいプラットフォーム『TaTaTu』によって映画の著作権が守られるのであれば、同様のブロックチェーンにより音楽の著作権やゲームの著作権、そして最近問題になったマンガの著作権も守られるようになると思います。

『TaTaTu』によって本当に守られるかどうかは下記のサイトでは懐疑的で、「ブロックチェーンに基づいたプラットフォームで何かを無料で利用できたとしても、人々はさまざまな海賊版サイトで映画やTV番組をいとも簡単にダウンロードすることが出来てしまう。」としています。

そりゃそうだ・・という意見が研究員の中では多くありました。

ブロックチェーン技術をもちいて著作権を保護できる可能性をICO研究室で議論した方法は、配信システムをブロックチェーン上に置き、ブロック認証(マイニング)方法で配信URLを認証するような仕組みかなぁ・・という意見が出ていました。

まだ、こちらのほうが可能性があったりしませんかね(^0^;;

 

 

ブロックチェーンはオンライン著作権侵害から映画を守れるのか?|CoinChoice

新規のスタートアップ企業が「ブロックチェーン技術と仮想通貨によって映画をオンライン著作権侵害から守ることができる」と主張しているが、この主張は現実的なのだろうか? 映画業界は、否定的なレビューや我儘な主演女優、嫌がらせを起こす人など、悩みの種は多い。しかし、その中でも最大の懸念は、上映中もしくは最近まで上映していた映画の海賊版がオンラインで広く流通していることにある。 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*