ブロックチェーン・プロジェクトの92%が失敗 平均寿命は1.22年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で8万件余りのプロジェクトが実施され、今日まで生き残っているのは8%である640件ほどに過ぎないそうです。

その原因は他社文書や個人情報の盗用、不可能な利益の偽計保証、経営陣の失踪や偽の経営陣などの詐欺まがいのICOが多いためだそうです。

ただ、失敗したプロジェクトがすべて詐欺まがいではなく、技術上のノウハウ不足やマーケットが飽和状態が原因もたくさんあるようです。

今後もたくさんのブロックチェーンプロジェクトが実施されると思いますが、すでに飽和市場で類似プロジェクトがあったり、文書盗用を疑われたりすることもあるため、今多数のプロジェクトが失敗するのは変わらないように思います。

ICOへの投資をする際は、『プロジェクトの98%は失敗で平均寿命1.2年』を、頭の隅においておいたほうが良さそうです。

98%の失敗リスクを回避し、投資経験を積めるエアドロップ*が今後注目されるように思います。
(エアードロップとは:プロジェクトのサポーターに行われるコインの無料配布のこと)

無料でもらえるエアドロップの情報サイト『エアドロマニア』

 

 

ブロックチェーン・プロジェクトの92%が失敗 平均寿命は1.22年|CoinChoice

ブロックチェーン技術はこれまで、世界で8万件余りのプロジェクトが実施されたが、今日まで生き残っているのは僅かに8%、640件ほどに過ぎず、その平均寿命も約1.22年という、将来的に余り喜べない意外な事実が明らかになった。 これは中国・工業情報化省の情報通信研究院(CAICT)が調査した結果で、2018年5月末に中国・貴陽で開かれた「2018年中国国際ビッグデータ産業展覧会」で報告された。 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*