ブロックチェーン技術を用いた改ざんできないデジタル公文書のプロジェクトをイギリス公立文書館などが推進中 ~プロトタイプのコードが二次利用可能なライセンスで公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイル形式はアプリケーションごとにあると言ってもいいくらいたくさんの種類があり、古いファイル形式のままだとデータを観覧することが出来なくなります。

そのため観覧できるファイル形式に置き換えるのですが、20年前にアーカイブされた記録と同じであえることを、ブロックチェーン技術を用いて応えようというのが、「アークエンジェル」というプロジェクトです。

ブロックチェーンに登録するもは、オリジナル文書そのものではなく、ハッシュ値が登録されます。

もちろん、スマートコントラクトとOracleを使って、データそのものもブロックチェーンに登録する方法も取れますが、目的を考えるとその必要はなさそうです。

ハッシュ値の登録の方が合法的に変更されたときでも、再びハッシュ値を登録すれば修正履歴も証跡として残り、正確に知ることができるようです。

この方法だと多くの用途でブロックチェーン技術の恩恵が受けれるようになりますので、皆さんも考えてみるとブロックチェーンイノベーションが思いつくかも知れませんね。

ちなみにプロトタイプのコードは、すべてオープンライセンス(MIT License)で公開されているようです。

 

https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1128476.html

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*