ICOへの投資のやり方

” ICOの投資に参加する方法”

​ICOへの投資のやり方について解説します。

最近、ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨市場がいろいろな国からの規制により不確実な状態ですが、それにも関わらず多くの投資家たちがICOに関心を持っています。

ICOとは新しい仮想通貨のトークンを発行・販売し投資資金を集める方法であり、特別な技術開発や新しい仮想通貨事業のためのお金を調達する手段と言えます。
IPOよりもある意味ファンディングに近いものと考えてもよいかと思われます。

イーサリアムのようにICOで多くの資金を調達したトークンがどんどん高くなっているため、ICOへの投資方法について関心を持っている人が多い思いますが、ICO投資前に必ず事前に決めておいたほうがいい項目が2つあります。

1. 負担のない投資金額を決めましょう。
ICOはクラウドファンディング(Crowd funding)同様リスクがとっても大きい投資方法です。
なくなっても許されるレベルの投資額を決めましょう。

​2. 投資したいICOについて情報収集およびホワイトペーパーを確認してみましょう。
お金を振り込んだのにトークンは発行しない悪質な詐欺、つまりスキャムコインの場合でないか公式ホームページ、Slack、Redditなどをよくリサーチしてから投資判断しましょう。
厳しいくらいの疑いの目で見て判断されたほうがいいと思います。

ICO案件はプレセールから始まり、そしてその後クラウドセールで資金調達を行なうのが一般的な流れです。

この時、取引所のウォレットではなく個人ウォレットから、指定された通貨で送るのが望ましいです。
取引所のウォレットから送る場合、ICO先の発行トークンを取引所のウォレットが取り扱えない場合がありますので、個人ウォレットから送るほうが望ましいようです。

 

具体的な投資手順をイーサリアム系列トークンで説明してみます。

イーサリアム個人ウォレット生成

まず、最初にイーサリアムの個人ウォレットを作ります。
今回はイーサリアムウォレットを作れるサイト「MyEtherWallet」でウォレットを作成します。

MyEtherWallet.com · Your Key to Ethereum

MyEtherWallet (MEW) is a free, open-source, client-side interface for generating Ethereum wallets & more. Interact with the Ethereum blockchain easily & securely.

1,サイトが表示されたら

2,このように英語表記になっていますが日本語表記に切り替えてください。

3,9文字以上のパスワードを入力しウォレット生成します。

4,Keystore/JSON ファイルが生成されます。
Keystore/JSON ファイルにはウォレットを使うための鍵が含まれています。
この鍵と先ほどのパスワードを失くしてしまうと、ウォレットが使えなくなってしまいますので、ダウンロードして大切に保管してください。
Do not lose it! It cannot be recovered if you lose it. (失くさないで!失くすと、もう二度と手に入らないよ!)と表示されていますね。

5,その下の「理解しました。続けます。」を押します。

6,秘密鍵が表示されますのでバックアップしてください。
これはKeystore/JSON ファイルをなくした時にこの鍵でログインすることが可能です。 ​

7,「アドレスを保存してください」を押します。

8,アンロックするにはKeystore/JSON ファイルか秘密鍵を使うことが出来ます。​

9,そして「アンロック」を押します。

10,ウォレットアドレスが生成されます。


11、利用する取引所からこのウォレットアドレスへイーサリアムをお送りします。

12,「Ether/トークンの送出」へ移動し、ICOページに公開されたイーサリアムアドレスへ、イーサリアムを送金します。​

ガスリミットとは手数料のことで、ガスリミットが高いほど早く送金されます。

通常ICOサイトのイーサリアムアドレス横には最小限のガスリミットが出ていますので、この数字より小さくしないでください。
注意していただきたいのは、SlackやSteamには正規ではないイーサリアムアドレスが載っている場合があります。必ず、公式ホームページでイーサリアムアドレスを確認するようにしてください。

最近はICOを狙ったハッキングも増えており、公式ホームページのイーサリアムアドレス変更する手法が多いようです。

多くの場合、ICOを行なう側で補償を約束してくれていますが、出来る限りあわないために公式ページやSNS(Slack、twitter、Facebook)などをよく確認するようにしましょう。

 

ICO へ参加する

イーサリアムのウォレットからICO先にコインを送ってみましょう。

1,自分のイーサリアムアドレスへイーサリアムをお送りします。

2,すべてのサイトが同じ画面ではないのですが、多くのICOサイトはメインページで英語で「Fundraising」や「Get contract address」のように、ICO参加アドレスを取得できるボタンなどがあります。
ここでは「Get contract address」なので押してウォレットアドレスを確認してみます。​

3,すべての項目にチェックを入れてから「Continue」を押します。

4,このように送金先のアドレスが表示され推奨されるガスリミットが表示されます。

いくつかのICOサイトでは送金先アドレスとガスリミット項目以外に表示される場合があります。
後で送金する時に必要になる場合がありますのでメモしておきましょう。
送金先アドレスをコピーしてメモ帳などに張り付けてみて、確実にコピーできたか確認してください。​

5,作成した自分のウォレットを開きます。(開いたままであればそのまま進めます。)

6,その後、送金画面から下記のように作成します。
「To Address」に送金先アドレスを入力(コピー)します。
送金先アドレスが存在してない場合は、アドレスを入力したテキストボックスの枠が赤になり、横にアイコンが表示されません。
「Amount to Send」のほうに送金するイーサ数を入力します。
「Send Entire Balance」を押すとウォレットにあるすべてのイーサを入力出来ます。
「 Gas Limit」のところにICOサイトで表示されたガスリミットを入れます。
(手数料はほとんどのトークンでは200,000が多いです。)
Advanced: Add Dataについて、は特別なことがない限り空欄で構いません。


7,「Generate Transaciton」を押します。

8,一番下の「Send Transaciton」を押してイーサを送金します。​

9,このようなウィンドウが出たら「Yes, I am sure! Make ….」を押して送金します。​

​​

10,送金が成功すると画面の下に緑で情報が表示され、いいねマークのアイコンがでます。送金失敗すると警告と一緒に赤のメッセージがでます。
この場合はイーサがないとの警告事例ですが、上記の順番で進んだらほとんどは正常に成功されます。

送金が成功するとあなたはICOへ参加したことになります。
おめでとうございます!

ICOが終わりしばらくするとICOサイトからトークン数を確認する方法の連絡があります。
特に何もしなくても大丈夫です。

参照:https://blog.naver.com/kesc3324/221061781008