マネーフォワード、仮想通貨取引所の開設を断念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネーフォワードフィナンシャルを通じ、2018年中に仮想通貨取引所を始めようとしていたマネーフォワードですが、15日の取締役会において『仮想通貨関連事業への参入延期と交換業者登録に向けた手続きの中止』を決議したと発表しました。
仮想通貨マーケットそのものの冷え込み・事業継続による収益性に関しダウンサイドのリスクが高まったこと・ユーザーの資産保護や利便性確保のためのコストの上昇などを踏まえ、総合的に検討した結果とのことです。

取引所のシステム開発停止、「Onbit」のサービス提供も来月31日に終了する一方でブロックチェーン技術の開発・研究は継続するそうです。
マネーフォワードは今年1月、日本仮想通貨交換業協会に第二種会員(仮想通貨交換業者登録の申請中の事業・もしくは申請を予定している事業者)として加わったところでした。

マネーフォワード、仮想通貨取引所の開設を断念 ‘マーケットの冷え込み’などから判断

家計簿アプリなどを手掛けるマネーフォワードは15日、同日開催の同社取締役会において、仮想通貨関連事業への参入延期と交換業者登録に向けた手続きの中止を決議したと発表した。マネーフォワードは、完全子会社のマネーフォワードフィナンシャル(MFフィナンシャル)を通して2018年中に仮想通貨取引所を開始する計画を立てていた。

     

Posted by たろみ研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*