ヤフー、仮想通貨交換に参入へ登録業者に資本参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨交換業には3つの顔があります。
1つはユーザに仮想通貨の交換サービスを行なう機能、2つ目はいろいろなポイントを仮想通貨に上場(交換)させる機能、そして、3つ目はICOトークンを上場させる機能です。

仮想通貨交換業は仮想通貨ビジネスの中核のポジションになりますから、YAHOOのように多くのサービスを展開している企業からすれば、シナジー効果が大きいので50億で買収出来るのであれば、効率も含めれば安い投資のように思います。

今後、買収も含めて多くの企業が参入してくる感じですかね。
仮想通貨交換業が増える今年の年末くらいには、上の3つのタイプに住み分けが進んだりしそうですね。

 

ヤフー、仮想通貨交換に参入へ 登録業者に資本参加: 日本経済新聞

ヤフーは仮想通貨交換業に参入する。子会社を通じ、4月に金融庁の登録業者であるビットアルゴ取引所東京(東京・渋谷)の株式40%を取得。仮想通貨の交換に必要なシステム整備などを経て、2019年春にも追加出資を検討する。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*