三菱UFJ銀行、独自仮想通貨「MUFGコイン」の実用テスト実施へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MUFGコインは、あらゆる商品やサービスの購入ができるマイクロペイメントとしての処理スピードと、口座から口座へとスムーズな移動が可能な送金スピードが実用テストではポイントになります。

世界の金融機関および銀行系では、すでにリップルのネットワークを使った送金実験が世界的に行われていますので、MUFGコインもリップルネットワークを使い、コインとしての特性はリップルに法定通貨と連動するTetherをあわせもった仮想通貨になるように思います。

プロトコルから新たに開発し独自なブロックチェーンを開発することも考えられますが、実用テストが近いことを考えるとリップルネットワークを使ったものになるのでしょうね。

MUFGコインのメリットは円の価格と連動することで三菱UFJファイナンシャルグループが価値を担保してくれることです。

そうなれば、MUFGコインを介して流動性を高めることが可能となりますので、昨年末Tetherがビットコインを大量に購入し、ビットコインの価格が上がったように流動性が高まり、上昇しやすい環境となりますので、仮想通貨全体としてはいい方向かと思います。

三菱UFJ銀行、独自仮想通貨「MUFGコイン」の実用テスト実施へ|CoinChoice

日本最大の貸し手であるに三菱UFJファイナンシャルグループ(MUFG)は、自社開発の仮想通貨『MUFGコイン』の発行を計画している。この件に関して、顧客である約10万人のアカウント保有者が関わる大規模なテストを行う予定だ。またMUFGは、仮想通貨のシステムであるブロックチェーン技術を銀行全体の業務に活用する方法を検討しているとも言われている。 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*