今年最もコインを上場した取引所のHitBTCは日本開設予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ICOプロジェクトにとって、プロジェクトがうまくいくかどうかは、仮想通貨取引所に上場できるかにかかっている場合が多いです。

そういう意味では、仮想通貨取引所は強い立場であり、ICOプロジェクトを選定する責任も担っていると、言ってもいいと思います。

今年上場、上場廃止を決めた取引所の一覧を、仮想通貨分析企業のdiarが発表しました。

多く仮想通貨の上場廃止をしたのが、ポロニエックスで、取扱通貨を-23とし、半分に減らしました。

理由はゴールドマンサックスが出資会社に、買収による企業コンプライアンスの影響と思われます。

他の仮想通貨取引所は増加傾向で、最も増やしたのがHitBTCでなんと198の増加です。

HitBTCは取引高世界第7位の仮想通貨取引所で、数多くのコインを取り扱っており、日本法人の設立して取引サービスを提供する予定です。

金融庁が仮想通貨取引所として認可する上で、取扱可能な仮想通貨一覧のホワイトリストがありますので、HitBTCに認可されるかは微妙かと思います。

また、HitBTCのビジネスモデルである多くの種類を取り扱うことで、取引高を伸ばしてきたHitBTCのやり方とはちがうので、日本でサービスを開始するメリットを疑問視する見方も出ています。

ユーザとしては数多くのコインを取り扱っている取引所は、選択肢も増えリスクもありますが、機会も増えますのでプラス要因もあるかと思います。

今年最も上場廃止した仮想通貨取引所は?=diarレポート

仮想通貨の上場廃止を発表する取引所が相次ぐ中、仮想通貨分析企業のdiarが今年上場もしくは上場廃止を決めた取引所の一覧を公表

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*