仏、仮想通貨の収益に対する税率大幅引き下げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス政府は仮想通貨関連のキャピタルゲインに対する所得税率を、従来の最大45%から一律19%に引き下げるようです。
2月にアルゼンチンでのG20で仮想通貨のグローバルな規制案を提言したフランスですが、税率を下げたことを考えますと、フランスは仮想通貨の世界を容認し、仮想通貨の先進国をめざしているのでしょうね。

規制や税制の緩和はイノベーションや仮想通貨の普及を加速させますから、日本も早く雑所得の見直しをやってほしいものです。

フランスのように仮想通貨を容認し、仮想通貨やICOなどブロックチェーン技術を呼び込む政策を取る国が増えてくるように思います。

 

仏、仮想通貨の収益に対する税率大幅引き下げ【フィスコ・ビットコインニュース】

フランス政府は仮想通貨関連のキャピタルゲインに対する所得税率を半分以上削減する。従来の最大45%から一律19%に引き下げる。国民の仮想通貨市場への投資妙味が増す。フランスの最高裁、評議会は仮想通貨の収益を、「動かせる財産 moveable property」と認識すると決定。このため、減税の対象となる。判決前は、仮想通貨取引での…

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*