仮想通貨「ICO」に逆風、米証券取引委員会も規制強化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2億人のユーザに対してテレグラム経済圏を作るとして2700億円集めたテレグラムのICOは、米証券取引委員会の監査を懸念してICOをキャンセルした・・のですかね。

期待していただけにショックです。

詐欺的なICOが多く規制は仕方ないのですが、この規制で2017年のような100億円を超える巨額なICOは少なくなっていくように思います。
ICOを行う企業は数十万人規模の従業員を抱えているわけではないので、巨額な資金調達は必要ないのでそういう意味では影響は少ないかもしれません。

そもそもICOは小規模なスタートアップのための資金調達方法だったので、原点に戻った感じですかね。
あまりに詐欺的なICOが多いと米証券取引委員会への登録が必要になるとのことですが、ICOは証券化されて行く流れは世界的な流れになりそうですね。

 

仮想通貨「ICO」に逆風、米証券取引委員会も規制強化へ

仮想通貨を用いた資金調達「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」が逆風にさらされている──。米証券取引委員会(SEC)は先日、元プロボクサーのフロイド・メイウェザー・ジュニアを宣伝に起用した仮想通貨「Centra」のICOが詐欺である

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*