仮想通貨にマイナス金利導入案、モルガン・スタンレー銀行の研究チームが提言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もし、2008年のリーマンショックような金融危機が訪れた時にデジタル通貨であれば、どの国でも出回っているすべての自国のデジタル通貨にマイナスの預金金利を課すことができるため、極端なマイナス金利をとることが出来るそうです。

また、銀行がマイナス金利を導入するとなれば、人々は自己資金を守るためにビットコインなど、仮想通貨に目を向けるようになるようです。

1997年アジア通貨危機、2008年リーマンショックと金融危機は周期的に起こると言われていますが、次の金融危機はいつごろに起こるのでしょうね。

 

仮想通貨にマイナス金利導入案、モルガン・スタンレー銀行の研究チームが提言|CoinChoice

将来、深刻な金融危機に見舞われた際、中央銀行が仮想通貨にマイナス金利を導入して危機を回避してはどうかと、世界最大手銀行モルガン・スタンレーが社内専門家チームの研究結果に基づいて提言した。 同行アナリストたちは、中銀が仮想通貨の利用と独自通貨発行を発行したらどうなるかについて研究した結果、その最も有効で即効的な利用法として、金融危機対策に仮想通貨を利用する利点を挙げている。 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*