仮想通貨の値段を主導するプレイヤーを特定し出口を見つける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインの価格を予測するには、強い売り圧力を発生させるマイニング参加者が売ってくる価格帯を特定することで、底値を想定できると言われています。

その価格が$3,700から$4,000の間であるのに、それ以下に下がってしまった原因を、先物相場やFXでの予測にも使われるCOTレポート(アメリカ政府機関であるCFTCが毎週発表している先物手口のレポート)を読み解くことで、値段を主導するプレイヤーを特定し、予測しようとしています。

マイニング原価を割った下で売りを先行させ、値を牽引していたのは小口のプレイヤーであり、そのトレンドは長く続かない傾向があるという全体像も、イメージすることができます。

ここから言えることは、マイニング参加者が売ってくる価格帯は$3,700から$4,000で売り圧力が増えているということだと思います。

しばらく。$3,700から$4,000の間で足踏みの後、そこから上昇していくように予測する人もいるようです。

今の価格が$3,670ですので、マイニング参加者が売ってくる価格をベースに仮説をもって推移を見守ってみるのも、一つの方法かと思います。

 

仮想通貨の値段を主導するプレイヤーを特定し出口を見つける | CoinChoice

ビットコイン(BTC)に限らず、短期的な取引を目指す中で「買った瞬間のドン下げ」や、「売ったはたから持っていかれる」経験をされた方も多いと思います。特に、市場の規模も小さく値動きの幅が大きなビットコイン(BTC)では、なおさらこの傾向が強くなりますね。 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*