仮想通貨をHODL(ホールド)するだけで不労所得が貰える4つのパターンとは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1,マイニング:ビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナーコインなどをマイニングする。
マイニングがメジャーになり、競争が激化している。
2,マスターノード:特定のネットワークの仮想通貨を大量に保持する必要がある
3,プルーフ・オブ・ステーク:仮想通貨を特定のウォレットに預けることで、仮想通貨の発行・承認を助け、報酬が貰える。預ける枚数が多いほど報酬が多い
4,配当:KCS、ブリッジコイン、コモドなどは一般的な株式の配当と同じように、持っているだけで配当をもらえる。

の4パターン、ちなみにイーサリアムはマイニングからプルーフ・オブ・ステークに移行する予定です。

イーサリアムの価格が安いうちに買っておいたほうがいいのですかね。
それともそれまでにイーサリアムをマイニングしておくほうがよかったりしますかね。

 

仮想通貨をHODL(ホールド)するだけで不労所得が貰える4つのパターンとは!?|CoinChoice

五月雨まくら(@samidare_makura)です。 昨今のブロックチェーン・レボリューションから収入を得る方法は、仮想通貨の取引をすることだけではありません。例えば、DApppをローンチして利用者から収入を得ることも考えられます。 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*