仮想通貨モネロで移民を支援! 専用アプリによるマイニングで資金提供 米当局に拘留中の移民の保釈金に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国では移民の子供を20日間以上収容してはならないという裁判所の判断がありますが、不法移民摘発「ゼロ・トレランス(寛容ゼロ)」政策により、親と引き裂かれ別の施設に移される子供が2500人以上いるとされています。

そんな中、仮想通貨モネロをマイニングすることで、拘留中の移民の保釈金に当てられる募金を開始しました。

モネロのマイニングは専用アプリで行われ、ユーザーのPCの10%から50%の処理能力で、行われます。

モネロを選んだ理由は、マイニングがASICのような専用マイニングボードがなく、一般的なPCでマイニングが可能で多くの人が参加しやすいためで、モネロの特徴である秘匿性は関係ないようです。

「Bail Bloc 2.0」のよるマイニングプロジェクトは、1人でも多くの人が保釈され、お子さんと会えるように応援したくなるプロジェクトと言えます。

 

仮想通貨モネロで移民を支援! 専用アプリによるマイニングで資金提供 米当局に拘留中の移民の保釈金に

ベイル・ブロックが、公判を控えて移民税関捜査局(ICE)に拘留されている人々の支援に、仮想通貨マイニングによる募金を活用するイニシアティブを開始した。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*