任天堂とCygamesがスマホゲーム事業で業務提携–アクションRPGを2018年夏配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Cygamesはサイバーエージェントの収益の柱事業で、AmbaTvへの年間200億の赤字を下支えしている事業でもあります。
任天堂の海外での知名度を活かして配信すれば、ドラガリアロストがひょっとすると世界的なゲームになる可能性もあるように思いますね。
ドラガリアロストのスポーツ世界大会が、プレイされたりするようになったりするのですかね。

最近、継続性を考えゲームをブロックチェーン上で展開することが増えてきていますので、ドラガリアロストがブロックチェーン上でやるようになったりしてほしいですね。

任天堂とCygamesがスマホゲーム事業で業務提携–アクションRPGを2018年夏配信

任天堂と、サイバーエージェントの連結子会社で主にゲーム事業を展開しているCygamesは4月27日、スマートデバイス向けゲームアプリ事業における業務提携について合意したと発表。新作オリジナルゲームアプリ「ドラガリアロスト」を2018年夏に配信する。 「ドラガリアロスト」 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*