分散取引所(DEX)の未来ををIDEXの規制当局対応で考えて見た

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

分散取引所の最大のメリットは、一般的な仮想通貨取引所のような中央集権的な形ではなく、非中央集権的でありため、セキュリティに強く、サーバダウンに対する対策コストも安く構築出来るところにあります。

KYC(個人情報本人確認)も、仮想通貨も収集しない方式でも、運営が可能漏えいリスクは少なくなります。

DEX、分散取引所のデメリットはKYCを収集しないことで、マネーロンダリングや脱税の可能性が高くなることではあります。

米国規制当局はIDEX分散取引所に対して、IPアドレスの制限とKYC(個人情報本人確認)の開示を求め、IDEX分散取引所はマネーロンダリングと制裁法を厳守するため、応じることになりました。

これにより他の分散取引所でもKYC(個人情報本人確認)を管理、開示する流れとなるのでしょうか?

「それだったら今までの取引所の方が手数料も安いし、セキュリティもしっかりしているし、イーサリアムベースじゃなくても取引できるので、分散取引所でなくてもいいじゃん!」とユーザはなってしまうと思います。

本来、仮想通貨は個人間の相対取引が基本でしたが、ユーザビリティの問題やウォレット保管のハードルなどから、取引所が主流となってきています。

 

‘Decentralized’ Exchange IDEX to Introduce Full KYC – Bitcoin News

IDEX, the world’s most popular decentralized exchange, is to transition to a full verification model. The move comes days after the platform began excluding residents of New York State as part of its compliance efforts. Its latest measure, described by IDEX as “pragmatic decentralization” has drawn ire from a segment of the cryptocurrency community.

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*