動きも関心も高まってきているICO 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ICO自体は利便性が多くあるものなので、正確な情報が伝わる仕組みを早く整備していかないといけませんね。

 

 

クラウドウィス.ミーが「私たち全員」にICOをもたらす次世代クラウドをローンチ

マネージドクラウドサービスのクラウドウィス.ミー(Cloudwith.me)は本日、次世代暗号通貨、言い換えればインターネット・インフラを進化に導き低コスト、分散型、ピアツーピアのインターネット・クラウドサービスを提供するトークンである「クラウド」(Cloud)トークンの先行販売開始を発表しました。これは、クレジットカード、電信送金の他ビットコイン(Bitcoin)やイーサ(Ether)での…

イーサリアム共同創業者:ICOは沈静化必要、時限爆弾のような状態

イニシャル・コイン・オファリング(ICO、仮想通貨の新規発行)は、仮想通貨の根幹となるブロックチェーン(分散型デジタル台帳)を利用するテクノロジー企業のクラウドファンディング(資金調達)手法として大きな注目を集めているが、ブロックチェーンの一つである「イーサリアム・ネットワーク」の共同創業者でさえ、今は事態を大いに沈静化させるべきだと考えている。

     

Posted by ひらおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加