博報堂、HAKUHODO Blockchain Initiativeが「トークンコミュニティ・アナライザー」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ICO研究室でもエアドロップ情報を掲載している「エアドロマニア」において、コミュニティ指数を出していますが、ICOやトークンエコノミーにおいてコミュニティは重要で、ビットコイン、イーサリアムなどを始めとするメジャーコインと呼ばれるものは、優れたコミュニティが存在します。
エアドロマニアの掲載プロジェクトをモニタリングしていますが、素晴らしいアイデアでもコミュニティが育たないために、うまくいかないプロジェクトも多く、コミュニティの優劣がプロジェクトの成功を予測する重要な指数の一つであるとも言えます。
博報堂の発表した「トークンコミュニティ・アナライザー」では、コンディションとパワーという2つのカテゴリーの構成。
コンディション:活性度、形成度、成熟度、密度、拡大度
パワー:伝播力、拡散力、影響力、求心力、訴求力
による分析サービスのようです。
ICO研究室の指数はここまで詳しく収集解析出来ていませんが、おそらく「トークンコミュニティ・アナライザー」はbitkointalk、github、テレグラム、Twitter、Facebook、Medium、NoteなどのSNSメディアの発言数や、フォロー話数の経過、その参加者の持つフォローワ数やショア属しているフォーラム数などを収集し解析していると思います。

ICO研究室でもコミュニティ度の重要性は理解していますので、一度使ってみたいツールと言えます。

 

博報堂、HAKUHODO Blockchain Initiativeが「トークンコミュニティ・アナライザー」を開発

発表日:2018年11月5日HAKUHODO Blockchain Initiative、トークンコミュニティ解析サービス「トークンコミュニティ・アナライザー」を開発~トークンコミュニティのコンディシ

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*