商取引におけるブロックチェーン技術導入のハードル、ボストンコンサルティングの見解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボストンコンサルティンググループ(BCG)によると「商品取引においてブロックチェーン技術は大きな利点もあるが、必ずしも利点ばかりではない」と指摘。

ブロックチェーン技術の大きな利点

・特に複数の組織が絡む取引の場合、ブ取引記録の透明性や改ざんができなくなるばかりではなく、商品の追跡が可能なため、配送リスクの軽減し効率が高まる。

・規制当局に対してコンプライアンスの報告書を提出する手間が省けたり、規制面での効率化が可能

 

利点ではない部分(ブロックチェーン技術の普及に疑問視する部分)

・ブロックチェーン技術は透明性が高まり、より公平な価格形成へと繋がるが、商品取引における非効率性によって稼ぎを得ている取引業者にとってはマイナスな技術

・ブロックチェーン技術の普及について、すでにITシステムのために約110億円以上を使った企業もあるが、彼らはまた商品取引のためにブロックチェーン技術に投資するか疑問

・ブロックチェーンプラットフォームに切り替えるには高額な費用がかかり、既存システムを徹底的に見直す作業を伴う

 

将来的にはブロックチェーン技術は、商品ビジネスに対する自然な適合であるため、商品取引の常識を変えていく議論を巻き起こし、業界の未来を作っていくと結論

確かに導入時は移行期間にもなりますので、高額な費用がかかるかもしれませんが、運用コストを含めて考えた場合、ブロックチェーン技術はデータが分散化されるため、一極集中的による2重化、バックアップ、セキュリティ対策等の費用は安くなるように思います。

導入が進まないとすれば、非効率性によって稼ぎを得ている取引業者である人の問題が、一番大きいのかもしれませんね。

 

A Reality Check for Blockchain in Commodity Trading

To the commodity traders that support it, blockchain technology is a panacea. Blockchain-based platforms promise to improve the way the commodity-trading industry operates by addressing its struggles: with inefficiencies and issues of trust and with the complexity of transactions, which typically involve multiple counterparties.

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*