大手財務幹部の大半「ブロックチェーン技術は最優先ではない」KPMG調査|「強化されたスプレッドシート」との見方も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オランダの監査法人KPMGによる「ブロックチェーンへの理解、仮想通貨だけではない」と題したウエブキャストで実施された調査では、ほとんどの財務関係の幹部らはブロックチェーン技術の採用を検討していないようです。

調査結果によると、各企業の担当は日常業務においてなんらかのソリューションを求めています。

しかし、ブロックチェーン技術が最優先ではないとしているようです。

回答者の60%は、反復的な業務の自動化においてはブロックチェーン技術を利用したいと回答しています。

KPMGのデビット・ヤルチック氏によると、「ブロックチェーンは強化されたスプレッドシートのようなもので、ある一定の業務を自動化で、透明性、信頼性、スピードを強化でき、取引に関する情報のソースを単一化して提供できる」としています。

ブロックチェーンがスプレッドシートのようなものというのは、違和感を感じる人も多いかと思います。

反復的な作業を自動化し、そのソースデータの単一化で提供できるという点は、ブロックチェーンの役割は大きく、インターネット誕生以来の重要なイノベーションと言える要因と言えそうですね。

大手財務幹部の大半「ブロックチェーン技術は最優先ではない」KPMG調査|「強化されたスプレッドシート」との見方も

「四大監査事務所」の1つでオランダに本拠を置く監査法人KPMGによると、ほとんどの財務関係の幹部らはブロックチェーン技術の採用を検討していない。KPMGが4月9日にKPMGがコインテレグラフに共有した調査結果による。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*