対応ATMから予測する仮想通貨での小口決済向きの通貨とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法定通貨(円やドル、ユーロなど)と同じような形に仮想通貨対応のATMの普及は、仮想通貨でのマイクロペイメント(小口決済)の普及を推し進めることになると思います。

 

仮想通貨の中でマイクロペイメントに向いた仮想通貨は、NEM?Ripple?ライトコイン?それともビットコイン?といろいろな仮想通貨が言われていますが、Bitcoin.comの発表によるとヨーロッパではビットコインキャッシュのATMが、増えているようです。

 

キャッシュレス化が進んでいるイギリスでは、70台以上が設置されていて、そのうち50台がロンドンにあるそうです。

1回あたりの取引限度額は約30万円、スペインにも18台の対応するATMがあるそうですが、取引限度額は1日あたり約30万円までとなっています。

 

韓国では昨年、ビットコインATMが撤去されたりしましたが、はやりビットコインだと厳しいのは、送金スピードの問題なんでしょうね。

 

今後、仮想通貨に対応したATMは増えてくると予想されますが、ATMで扱えるようになる仮想通貨は送金スピードの早い仮想通貨となりますので、これはマイクロペイメントでも必要される要件でもありますから、ATMによるどの仮想通貨が取り扱えるかは一つのバロメータと言ってもいいと思います。

 

Increasing Number of Crypto ATMs in Europe Support BCH – Bitcoin News

A growing number of cryptocurrency ATMs in Europe now buy and sell BCH, increasing the popularity and widening the adoption of Bitcoin Cash. Many of the teller machines are located in major cities and resorts offering Europeans and visitors easy access to the world of fast and affordable digital money transactions.

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*