断片化されたVR市場、CEEKはブロックチェーン技術で解決普及させようとしている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VR普及において大きな障害となっているのが、各VRメーカー(ハードウェア)に依存するVRフォーマットです。
共通フォーマットがないため、他のVRハードウェアで見れるようにするには、APIを使った開発や移植作業が必要となっており、どんなにすばらしいVRコンテンツでも普及の大きな障害となっています。

VR業界の大手CEEKが進めている「OpenXR」は、どのメーカーのVRハードウェアでも見ることが、出来るVRハードウェアとコンテンツのためのクロスプラットフォームであり、多くの開発者も消費者もアクセスすることができるようになるそうです。

また、オンライン音楽や違法ダウンロードの解決法を提供するだけでなく、アーティストが制限なくバーチャルチケットやコンサートのバーチャル商品を販売することを、ブロックチェーン技術により可能にするプラットフォームだそうです。

将来的にはスティーブン・スピルバーグの映画「Ready Player One」のように、壮大な世界観を持ったVRコンテンツが共通フォーマット上で多くの開発者により開発され、その中でCEEKトークンを使って商品やサービスを交換ができるような感じを想定されているようです。

VRやARのコンテンツ自体をブロックチェーン上で開発する発想は、多くの開発者が参加できるため、現実以上の壮大な世界観を構築しやすく、多くのコンテンツを統合されたフォーマットで結びつけることが出来るかも知れませんね。

 

断片化されたVR市場、CEEKはブロックチェーン技術で解決普及させようとしている | TechWave(テックウェーブ)

寄稿 TechWaveではさまざまな分野・国と地域からの寄稿を受け付ける取り組みを始めています。全国に引き続き中国圏からのゲストライターによる寄稿です。急速に成長する世界のVR市場において。 グローバルのバーチャルリアリティ(VR)市場は現在、驚異的な成長を遂げています。 ザイオン市場調査のレポート …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*