複数の大手取引所がイーサ基盤ERC20トークンの取引を停止 BatchOverflowバグ懸念で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これはちょっと大きな問題なのかもしれません。
イーサリアムのスマートコントラクトに「batchOverFlow」と呼ばれるバグが見つかったため取引所でERC20トークンの取引を停止だそうです。
ERC20トークンはICOを行なう上で基盤になる技術なので、影響は大きいかもしれませんね。

ただ、ここで言われているバグはスマートコントラクトのbatchTransferを使用するのですがERC20の標準機能ではないため、スマートコントラクト内でこの機能を使っているトークンしか影響は受けないようです。

報告によるとERC20トークンのデポジットを停止したOKExを始め、12以上のプロジェクトがbatchTransferのコントラクトコードに持っているようです。

スマートコントラクトはSolidityという言語のハードコーディングなので修正するのはハードフォークしかなかったりするのですかね。

 

複数の大手取引所がイーサ基盤ERC20トークンの取引を停止 BatchOverflowバグ懸念で

ポロニエックス、HitBTC、 OKEXがERC20トークンの取引を停止している。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*