違法ダウンロード、罰則拡大へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画や音楽だけでなく、漫画や雑誌、小説、写真も違法に配信されたと知りながら、ダウンロード行為に2年以下の懲役か200万円の罰金または両方を課す罰則規制の方針。

著作権者や出版業界からは、海賊版行為の抑止効果に期待する声が上がっているそうですが、文化庁の方やこの規制に期待する方は、インターネットの仕組みを理解してるのですかね。

著作権を守り、海賊版を抑止するのであれば、

・ネット時代に応じたビジネスモデルに変えていく(サブスクリプションモデルへの切り替え)
・ブロックチェーンを利用した所有者の明確化とデジタル化し保全とトレース出来るように務める

この2つあたりから始めてほしいものです。

今までのようにモノ流通を、販路としたビジネスモデルに合わせて規制するのは、日本の出版業界自体を衰退させてしまうことになりそうで怖いですね。

違法ダウンロード、罰則拡大へ 文化庁、漫画や小説も対象 – 共同通信 | This Kiji

違法ダウンロードの罰則対象となる著作物 文化庁は7日、インターネット上で違法に配信されたと知りながら、有償の漫画や雑誌、小説、写真などをダウンロードする行為に2年以下の懲役か200万円以下の罰金、またはその両方を科す方針を固めた。これまで音…

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*