関西電力、ブロックチェーンで余剰電力のP2P取引を実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関西電力は自家発電の余剰電力をブロックチェーン技術を使って、電力を必要とする家庭とパワーレッジャー社のトークン(Sparkz)で、電力取引できる実験を行なうようです。

今後、電力供給システムは、太陽光発電や蓄電技術の向上により、大規模集約型から自立分散型が増えていく状況にあるため、関電は電力P2P取引の知見を蓄える目的。

関西電力、ブロックチェーンで余剰電力のP2P取引を実験

関西電力は24日、ブロックチェーンを活用し、太陽光発電による余剰電力のピア・ツー・ピア(P2P)取引の実証実験を開始した。取引プラットフォームは、オーストラリア本拠のハイパーレッジャー社のシステムを利用する。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*