韓国政府:G20合意により仮想通貨を金融資産として認める方針へ…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G20は政府および中央銀行から構成されるフォーラムで、仮想通貨を金融資産として認め規制することに合意しました。
参加国には、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、韓国、メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、トルコ、英国、アメリカ、EUとなります。

金融資産と認めたことでこれらの各国が規制を乗り出すことになりますが、金融資産保護の観点からルール作りをしてしまうと、おそらく厳しく融通の効かないものになるように思います。
これは自動運転の社会実験と同じで先進国ほど、規制が厳しくデータが取れないため、新興国の方がノウハウを蓄積出来るのではないかと言われています。

仮想通貨も発展途上国や経済不安を抱える新興国ほど必要性が高く、利用率が高い現状を考えると、仮想通貨の発展はこのG20に参加出来ていない国のほうが進みそうな気がします。

 

韓国政府:G20合意により仮想通貨を金融資産として認める方針へ…?|CoinChoice

報道によると、韓国政府は「統一規制」の制定を目指すG20(Group of Twenty)参加国の取り組みに従って、仮想通貨規制を緩和する計画だ。韓国の規制当局は、Financial Action Task Force(金融活動作業部会:FATF)が制定する基準を同国の仮想通貨政策に適用することについても合意したと伝えられた。 韓国の情報メディアサイトThe Korea …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*