2017年 9月 の投稿一覧

SBI、仮想通貨発行へ 「Sコイン」低コストで決済

三菱UFJは「MUFJコイン」を発行するみたいですし、何やら銀行系のコインは多いですね!

先日発表があった、みずほなど地銀の「Jコイン」は仮想通貨というデジタル通貨だったのですが、「Sコイン」はビットコインをSコインに交換して支払うみたいなので、ビットコインベースの仮想通貨のようですね。

『日本円との安定した交換レートを常に提供することで、決済手段として普及させたい考え。』と、書かれているので、法定通貨のトークンが必要になりますね。

ブロックチェーン推進協会のZenを使うのですかね。

「Sコイン」を新たに発行するくらいですから使わないか!(笑)
いろいろな仮想通貨が出てくると、どこかで交換しないといけないので、取引所が扱うかどうかがポイントになったりします。

今以上に取引所の存在が大事になってきますね。

SBI、仮想通貨発行へ

SBIホールディングスは独自の仮想通貨「Sコイン」を新たに発行し、小売店舗などでの消費者の決済手段として普及を目指す。独自の決済基盤システムを開発することで、送金コストをほぼゼロにするほか、決済代金の即日現金化などを可能にする。店舗側の決済コストを抑え、決済を目的とした利用者を増やす狙い。  既存の通貨に基づくデジタルマネーとしてでなく、取引所で売買可能な仮想通貨としての発行を目指す。 …

ビットコインよりも中央銀行の仮想通貨が成立する

中央銀行が仮想通貨を発行する流れは、ビットコインのような非中央集権的なものと、それを認めない中央集権的なものとの戦いなんですかね。

ビットコインよりも中央銀行の仮想通貨が成立する~Wolf Of Wall Streetの鋭い嗅覚

Wolf Of Wall Street(ウルフ・オブ・ウォールストリート)の異名をもつ、元株式ブローカーのジョーダン・ベルフォート氏が仮想通貨に対する見解を明らかにしました。The Streetによるインタビューで伝えられています。 JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOの「 ビットコインは詐欺 …

ビットコイン「単なる流行ではない」モルガンSのゴーマンCEO

ウォール街の銀行関係者のモルガン・スタンレーCEOは、ブロックチェーン技術に理解を示し、ビットコインをポジティブにとらえている。

ビットコイン価格上昇したのは、この影響でですかね。

いい流れ(^0^)

ビットコイン、「単なる流行ではない」-モルガンSのゴーマンCEO

ウォール街の銀行トップが皆、ビットコインに否定的なわけではない。

4分で1億円国内ベンチャーが明かすICO成功の5ポイント

「いいね」評価を利益配分するソーシャルメディアの開発でICOを行ったALIS社は、フリーランスと会社に勤めながら副業の3人で立ち上げたばかりの会社。

トークンのセールスは9月29日までの模様。

構想段階のサービスで、ICOを成功させるポイントは下記の5つだそう。

1,ホワイトペーパーをしっかり準備する
2,法律の問題をクリアする
3,スマートコントラクトを実装できるエンジニアを確保する
4,取引所に上場するなどして、TOKENの流動性を確保する道筋をつくる
5,コミュニティをつくる

知らなかった。
ICOで発行するトークンは仮想通貨の扱いにはならないために、国内でもICOができる。

4分で1億円調達! 国内ベンチャーが明かす「ICO」成功の5つのポイント

ブロックチェーン技術を基盤に信頼性の高いソーシャルメディアの開発を目指すスタートアップ企業ALIS(東京都渋谷区)が、仮想通貨を用いた資金調達手法のICO(Initial Coin Offering)を実施、日本円換算で4億円近い仮想通貨を

中国のビットコイン規制によりマイナーがASICとGPUを売却開始

イーサリアムやZcash、モネロなどのマイニングに適している、NvidiaのハイエンドグラフィックボードGTXが、通常価格の半値以下の300ドルで売りに出ているばかりか、ビットコインマイニングに特化したASICも売りにでているようです。
これらのボードを買って電気代の安いインドやロシアあたりで、マイニングするのはどうですか?(^0^)v

中国のビットコイン規制によりマイナーがASICとGPUを売却開始

本稿では先日公開した中国のビットコインマイナーが現在直面している問題と中国の最新動向についての追記と、マイナーの動向に着目した記事となります。 マイナーの現在の問題については下記記事を参照してください。 もし中国人がビットコインのマイニングを辞めた際の大きな影響 下記表を見て比較すると一目瞭然であり、日本と比較した際は約8分の1という電気代の中国。これは 前記事 …

Filecoinが2億ドルを調達、過去2番目の規模

分散型ストレージネットワークをブロックチェーン技術で開発しているファイルコインが、2億580万ドルを調達したそうです。

すごい!

2回目のICOでは最初の1時間で約1億3500万ドルだそうです。
50カ国の2100人以上の投資家が参加したそうです。
IPOだとなかなかこのようなことにはなりませんね。

ファイルコインのICOで使われた「CoinList」と「SAFT」は、ICOを行うプラットフォームとフレームワークになりそうなので、うちのラボでも話題になっています。

ICO:Filecoinが2億ドルを調達、過去2番目の規模 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

分散型ストレージネットワークのFilecoinがICOを完了し、約2億580万ドルを調達したことを発表した。ICOによる資金調達の過去最高額はTezosの2億3200万ドルであり、FilecoinのICOは過去2番目の規模となった。 …

中国グレートファイアウォールから見るビットコイン禁止と今後

このグレートファイアウォールによって、中国国内からgoogle検索は出来ません。

中国政府は海外取引所でのビットコインの取引も、このグレートファイアウォールで止めてしまうかもしれない。止めてしまうと中国国内のマイニング業者はマイニングをやめてしまう。

マイニング参加者が多い事は攻撃を防ぐ要因となっているので、マイナーが減るということはセキュリティレベルが下るとのこと。

http://www.tottemoyasashiibitcoin.net/entry/2017/09/25/121805

ICOについて孫泰蔵氏の見解とは?

孫泰蔵氏はソフトバンクの孫正義の弟、親しみやすいのはパズドラの会長と言ったほうがいいですね(^0^)

『ICOはベンチャーキャピタリストのような専門家だけでなく、個人でも創業からサポートまでエキサイティングなプロジェクトに参加することができるため、ベンチャーキャピタルを民主化するために、非常に優れている。』とのこと。
夢がありますな♪

そういえば、孫氏はブロックチェーン技術を使ったエストニア電子政府の仕組みを、福岡で導入するプロジェクトもやっています。
どこまですすんでいるのですかなぁ。福岡がどんなに変わるか楽しみです(^0^)
まさか、福岡市もエストニア政府のように仮想通貨つくったりはしないと思いますけど・・(笑)

ICO(仮想通貨を使った資金調達)について孫泰蔵氏の見解とは?

仮想通貨を巡って各国では法改正や規制が進められている。例えば中国では全面的にICO(イニシャル・コイン・オファリング:仮想通貨の新規発行による資金調達)が禁止され、仮想通貨の取引も規制するなど当局により締め付けが強化され、いくつかの仮想通貨取引所では閉鎖や取引停止を予定している。 …

世界の中央銀行でブロックチェーン検討~独自の仮想通貨を活用か

おお、すごい!
ビットコインや仮想通貨の非中央集権的なものは管理ができないので、規制方向の国が多いようですが、世界各国の中央銀行や政府の80%はブロックチェーンについて理解を示しており支持、導入を検討している。
一気に各国の仮想通貨化は進みそうですね。

そうなるとビットコインや他の仮想通貨はどうなるの?と思ってしまいますが、国際間の送金用などに国発行の仮想通貨を使い、ビットコインや他の仮想通貨と共存していく可能性が高いとのこと。

ブロックチェーン技術は大きなイノベーションの可能性を持っています。わかりにくいブロックチェーンの仕組みを、ビットコインや仮想通貨を通じてブロックチェーンに関心を持つのは、いいことですね。

https://apptimes.net/archives/7903