2017年 11月 の投稿一覧

ビットコイン先物登場、ウォール街に好機-変動激しく裁定取引機会も

ついに、仮想通貨ビットコインがある意味、合法的ステータスを得ることになりましたね。

世界最大の取引所運営会社、CMEグループが年内にビットコインの先物を上場すると、発表したことが大きいようです。

キャズムを超えた感はありますね(^0^)v

ベンチャーキャピタル会社ブロックチェーン・キャピタルのスペンサー・ボガート氏は、ウォール街にとって好機だとも話し、ビットコインは「価格変動が激しく、24時間取引が可能。しかも市場が非効率なため、裁定取引の機会が大きい」と説明しています。

同研究室でも研究のため、裁定取引のサイトで数カ所の取引所をウォッチングしています。

スマホはまだ完全対応ではないのですが、興味のある方は見てみてください。

昨夜の段階では8000円以上の裁定取引が可能ですね。

近いうちに売買も出来るようになる予定です。

仮想通貨裁定取引

No Description

 

ビットコイン先物登場、ウォール街に好機-変動激しく裁定取引機会も

仮想通貨ビットコインにとってそれが良いのか悪いのか分からないが、同通貨がある意味で合法的ステータスを得ることになった。

【一問一答】「イーサリアム」とは?:データをユーザーの手に戻す、ブロックチェーン対応プラットフォーム

スマートコントラクトは優れた技術だと思います。

この技術が普及すれば、世の中の富の分配プロセスが大きく変わりますね。

ユーザのコンテンツあって始めた成り立つSNSなのに、ユーザの恩恵はシステムをただで使えるだけ、利益を享受出来るのはサービスを提供する企業とその企業の株主だけ、なのを民主的に変えることが出来るシステムだったりします。

AIが普及すると人を必要としない技術とよく言われますが、スマートコントラクトを含めたブロックチェーン技術も、同じくらい人を必要としない技術になりそうですね。

この2つが組み合わさると新しいサービス、ソリューションがたくさん生まれてきそうに思います。

 

【一問一答】「イーサリアム」とは?:データをユーザーの手に戻す、ブロックチェーン対応プラットフォーム | DIGIDAY[日本版]

いま、ブロックチェーンが世界を侵食しています。 その影響は メディアとマーケティング にも及んでいます。ただし、ブロックチェーンの新しい用語には混乱がつきもの……。 今回の 「一問一答」シリーズ では、電子通貨の所有者が互いにスマートコントラクトを作成できるようにするブロックチェーン対応プラットフォーム「イーサリアム(Ethereum)」を説明しましょう。 Advertisement

コンテナ型機器による仮想通貨マイニングでICO、テックビューロ、Looop、クリプトマイニングジャパン

テックビューロが太陽光発電の販売するLooopと、マイニング事業でスタートアップしたクリプトマイニングジャパンの3社が、提携し、ICOソリューションのCOMSAを使ってLooopとクリプトマイニングジャパンの2社はICOするようです。

マイニングは安い電力が必要なので、北欧などの電気代が安いところが有利なのですが、マイニングコンテナを使い日本国内でもマイニング事業の競争力を確保するようです。

少し前に中国で安い電力を求めて、移動のコンテナマイニングががありましたが、あんな感じなんでしょうかね。

コンテナ仕様はその昔googleがサーバファームをコンテナ仕様でおこなっていますので、ノウハウとしては確立されているのでしょうね。

 

コンテナ型機器による仮想通貨マイニングでICO、テックビューロ、Looop、クリプトマイニングジャパン | TechCrunch Japan

仮想通貨取引所ZaifやICOソリューション COMSAを提供するテックビューロ、太陽光発電セットの販売や電力小売サービスを手がける Looop、仮想通貨マイニング分野のスタートアップ企業である クリプトマイニングジャパン(CMJ) …

ICO失敗、調達額300万円の2つの原因

調達額300万円に落胆したベンチャーの誤算

働くこと”をIoTで支えるメタモが、試用期間など就労者の不利益になるのを、個人が持つスキルの可視化し、就労実績を客観的に評価出来るビジネスモデルで、ICOをおこなったメタモは300万しか調達できなかった。

300万しか集まらなかった理由は下記の2点

・トークンの価値上昇というストーリーをうまく伝えられなかった
ホワイトペーパーが実現性も内容もふわふわしている
・ICOのPR不足
「誰が何を言って、何を買っているのか」「おカネの集まりの状況はどうなっているのか」が、トークン購入の判断基準になっている

国内から資金調達ができなかったのは、ICOはスイスのメタモ拠点だったことも原因にあるように思います。

当時、金融庁の取締り基準もはっきりと決まってなく、香港など海外子会社を使ってICOするのが、てっとり早い方法でしたので、仕方なかったのですが影響はあったように思います。

 

公平な投資の民主化が出来るICOは、まだ確固としたものではなく手探りの状況で進められています。

メタモの例を活かして、確固たるICOになるように活かしていきたいですね。

 

調達額300万円に落胆したベンチャーの誤算 | 最新の週刊東洋経済

「なぜこの額しか集まらなかった?」「プロジェクトの内容はいいと思うが……」そのような疑問を海外の投資家から投げかけられたのは、仮想通貨を使った新しい資金調達手段として世界的に注目を集めているICO(イ…

ICO大成功の「バンコール」、価格急落-開発者巻き込み論争拡大

今年の6月に2時間半で170億円も集めて、話題となったイスラエルのバンコートークンが、今度は56%も値下がりして、話題を集めているようです。

バンコーのアイデアは、経済学者ケインズが第二次世界大戦後の世界経済を安定させるために提唱した「バンコール」が元で、すべての経済交換・貿易が世界の中央銀行としての精算プロトコルです。

コーネル大学シラー准教授が、バンコールがマニュアルでの値付けより効率が劣り、市場の後追いをすると論じたのが原因。

こういったネガティブな情報にICOは弱いのかもしれません。

バンコーが2時間半で170億円も集めたのには、著名なVC投資家であるティム・ドレイパーも参加したためだったのですが、ティム・ドレイパーがどうしているのか気になりますね。

 

ICO大成功の「バンコール」、価格急落-開発者巻き込み論争拡大

新規仮想通貨公開(ICO)の歴史はまだ浅い。ICOが極めてうまくいった仮想通貨の1つ「バンコール」の価格が急落している。イスラエルの新興企業が手掛けるバンコールは6月、数時間のうちに1億5300万ドル(約174億円)を集めた。だがその後、56%値下がり。一転して大きく売られた仮想通貨となった。

Bitpay「Segwit2x」ハードフォークに向けた対応を発表

Segwit2xのハードフォークですが、予定よりも早くなってます。
11月16日19時の予定ですがこの調子ですと15日に起こりそうな感じです。

Segwit2xはリプレイアタックの保護がされていませんので、ハードフォークした際の2つのチェーンに同じ台帳が存在することになります(>_<)

これはどういうことかというと、ビットコインを送金しようとした場合、意図しなくてももう片方のビットコインを勝手に送金しまう可能性があるようです。

どうして、こんなことがおこるかというと、Segwit2xは我々こそが正当のビットコインなんだから、リプレイプロテクション(リプレイアタックの保護)をするのなら、今のビットコインの方だと言っている感じです。

ややこしいというか、実質的に今のビットコインに取って代わる手法のように思います。
(将来的には、ハードフォークをする時、後に提案したコインはリプレイプロテクションを、実装するルールになるように思います。)

そう言っているBitpayはビットコインの決済サービスを提供しているアトランタの企業です。
2011年から行っているようですのでビットコイン業界では老舗なのかもしれません。
企業なのに、Segwit2xはジェフ・ガージクという人が1人で開発しているようです。

ちなみに、このジェフ・ガージクさん、12月の頭にトークンセールする予定の「METRONOME」という会社の、ICOリーダでもあるようです。
Segwit2×のハードフォークに向けて、普通は多忙な時期だと思うのですがすごいですね。

Bitpayは「我々の目標は、常にベストなデジタル支払いサービスを顧客に提供することで、ユーザーの安全性とセキュリティーを確保することが第一優先だ」と声明しているのですが、混乱しそうな雰囲気です。

リプレイアタックが起こり、ビットコインネットワークが混乱し、暴落することは避けてほしいと思います。
その影響でビットコインキャッシュが上がるかもしれませんが・・。

ただ、Bitcoin.comやBinanceの取引所のように、「ハードフォークが起こっても資産を守るよ」と発表してくれる取引所が増えてくれると安心です。

Segwit2×支持を表明しているビットフライヤーや日本の取引所からのアナウンスに期待しましょう。

Bitpayのプライドやメンツをよそに、取引所が資産保護につくしてくれたおかげで、何事もなく終わるようになってくれることを願っています。

何事もなく、Segwit2×にうまく分裂した場合、ハッシュレートの高いマイニング、難易度が高いマイニングが出来るマイナーが有利になるようです。

マイニングが集中することになり、マイナーの発言権も高まりそうですね。

 

 

Bitpay、「Segwit2X」ハードフォークに向けた対応を発表 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

Bitpayは今月16日に迫ったビットコインの2Xハードフォークに向けた対応策を発表した。2Xハードフォークはビットコインの494,784個目のブロックに行われる予定で、Bitpayはハードフォークの24時間前からサービスを停止する予定だ。Bitpayはアメリカのアトランタを拠点とする企業で、ビットコインの決済サービスを2011年より提供している。 …

 

ICOソリューションと仮想通貨取引所を提供するテックビューロが新生銀行とオウケイウェイヴから8,750万円の資金を調達

COMSAだけで100億のICOをおこなったテックビューロが、先日のジャフコとインフォテリからの16億に加え、新生銀行とオウケイウェイヴから8,750万円の資金を調達。創業以来の累積資金調達額は25.2億円になったようです。

テックビューロはトークン発行支援サービス「Zaica」、プライベート・ブロックチェーン製品「mijin」、取引所「Zaif」、ICOプラットフォーム「COMSA」そつが無いです。あと足らないのはマイニングフォームくらいですかね。

大きくなったなぁ・・。

 

ICOソリューションと仮想通貨取引所を提供するテックビューロが新生銀行とオウケイウェイヴから8,750万円の資金を調達|ベンチャータイムス

11 5 5 0 ICOソリューション「COMSA」、ビットコイン取引所「Zaif」、及びブロックチェーン製品「mijin」を提供する テックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、 株式会社新生銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:工藤 英之、以下「新生銀行」)及び 株式会社オウケイウェイヴ (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 …

<ビットコインの世界> (4)手軽な送金「善意」集まる

支援金や寄付、募金のような小額決済でも、手数料が安い、送金が早いので、ビットコイン相性がよかったです。

ビットコインの価格が上がると手数料もあがりますから、ビットコインのメリットは少なくなります。

手数料を抑えるためにはマイナーの報酬を下げるしかないです。

マイナーは収益が減るのは嫌なので、マイニングしやすくしたり、ブロックサイズを大きくしたり、仕様を変えようとするのがハードフォークのもともとの発想ですね。

 

<ビットコインの世界> (4)手軽な送金「善意」集まる

東京新聞TOKYO Webの経済、株・為替、新商品のニュースを提供するページです。

12月に新規仮想通貨公開(ICO)を実施=米FundCru〔BW〕

eコマース取引と直接寄付を通じて、目標達成資金を集める資金調達プラットホームを、提供するFundCruがICOをおこなうようです。

FundCruの資金調達プラットフォームでは、eコマース取引の総売上高の多くの割合(通常は25%)が、資金調達者に提供されたり、寄付のためのプラットフォーム手数料を無料化するサービスを、ブロックチェーン技術を用いて2年前から、サービスを展開している会社です。

今回、同時に発表した小売店、レストランなどの事業効率や取引効率の改善化の、ATSoftのポイント・オブ・セール(POS)システムとの統合でギフトカード、引換券、クーポンを低コストで実現できるようにブロックチェーン技術でおこなうようです。

日本でもブロックチェーン技術をつかって、ギフトカード、引換券、クーポンを低コストで発行できるシステムが出てきそうですね。

それはすなわち、人がいらなくなることなんですけどね。

 

12月に新規仮想通貨公開(ICO)を実施=米FundCru〔BW〕:時事ドットコム

【ビジネスワイヤ】資金調達プラットホームの米FundCruは、12月5日に新規仮想通貨公開(ICO)を実施すると発表した。FundCruのブロックチェーン・システムは、ギフトカード、引換券、クーポンを低コストで、高水準のセキュリティー、監査可能性、拡張性を確

ビットコインが7000ドル突破、快進撃止まらず-年初から640%上昇

仮想通貨ビットコインは2日に7000ドル(約79万8500円)を突破。
5000ドル突破から1カ月もたたず新たな節目を超えた。

 

やはり、昨日お伝えしたCMEグループの、年内にビットコイン先物を上場する計画が、大きいようです。

 

ビットコインが7000ドル突破、快進撃止まらず-年初から640%上昇

仮想通貨ビットコインは2日に7000ドル(約79万8500円)を突破。5000ドル突破から1カ月もたたず新たな節目を超えた。