2017年 11月 の投稿一覧

BTG開発チーム曰く、「我々の”premine”は従来の”premine”とは違い、フェアなものだ」

BTGの開発チームは次のような説明をしています。

  1. 「本当の”premine”といのは、発行体が最初のブロックを使って新しいブロックチェーンを始めるときに、まず自分達でマイニングをしてコインを貯め、その後に一般にマイニングを公開すること指す。このやり方だと、発行体が最初のコインの多くの部分を所有した形で開始することになる。これは深刻な問題。」
  2. 「今回の”premine”の状況を説明すると、最初のブロック”491407”の時点で既に1650万BTGが既に存在していた。その時点から自分達が10万BTGをマイニングしたので、実際のところ、今回のそれは”Post-mine”だ。」
  3. 「疑問があるのであれば、自分たちのWalletを公開しているので、チェックしてみるといい」

 

 

Bitcoin Gold Addresses ‘Scam’ Wallet and Premine Endowment Process – Bitcoin News

On Monday November 20, the cryptocurrency-based hardware wallet manufacturer, Satoshi Labs, revealed that the Bitcoin Gold (BTG) network is now accessible through the Trezor beta wallet. Further, the BTG development team has recently revealed that the wallet “mybtgwallet” may be a scam, alongside information on the team’s premine endowment process.

ビットコインへの関心が高い国トップ5

1位ナイジェリア
2位南アフリカ
3位ボリビア
4位スロベニア
5位ガーナ

本当に世界中で話題なんですね。

因みに日本は67位でした。

 

Google Trends

Explore search interest for bitcoin by time, location and popularity on Google Trends

 

「Brave」ブラウザ、YouTuberへのビットコインでの投げ銭が可能に

アクセス数が少ないユーチューバーも収入に出来るシステムとは朗報ですね。

その上、広告ではなく投げ銭でマネタイズできるのはもっといいサービスだと思います。

これで少しはビットコインが使われるようになるといいですね。

ビットコインがもしバブル化してしまうとするならば、それは通貨として使われず投資対象としかならないとその可能性が高くなると言われています。

バブルにならないためには通貨として使われることが、ビットコインには求められているように思います。

サービスやモノと交換され通貨となるためには、コンテンツを心づけで買うことができる投げ銭システムは、とてもいいサービスだと思います。

弱小ユーチューバーも収入に出来るということは、Youtube側の収益はどうなるのか少し気になりますね。

 

「Brave」ブラウザ、YouTuberへのビットコインでの投げ銭が可能に

JavaScriptの父が立ち上げた広告ブロックブラウザ「Brave」のビットコインによるクリエイター支援機能で、YouTuberにも寄付できるようになった。

暗号通貨100種類のダイジェスト

ビットコイン以外の暗号通貨についての理解を深める入り口として、面白いかもしれません。

 

暗号通貨100種類をリストアップ――4語以内で解説してみた | TechCrunch Japan

〔編集部:この記事の筆者、 Nate Murrayはプログラマー、ミュージシャン、養蜂家。 IFTTT に勤務中。20009年からテラバイト級の巨大データを処理してきた。〕 以下は各種暗号通貨を1位から100位まで概観したリスト。 それぞれ4語以内で解説を試みた。現在非常に多数の暗号通貨が存在する。 一部は新時代を開くものだが、中にはインチキもある。 何らかの参考になることを期待する。 Name | Sym.

Tetherで、3千万ドルのトークンが盗難

盗まれたトークンが換金できないようにし、ユーザーには新しいトークンを付与する措置をとったとのことなので、ユーザーへの被害は今のところ出ていないのかもしれません。

Tether社のホームページにも万全のセキュリティを謳っています。どのレベルのセキュリティが破られたのかはわかりませんが、技術的なセキュリティに完璧はないので、Contingents Planや、ユーザーを保護するための保険の準備なども、ICO、テクノロジーベンチャーが信用を獲得するために必要かもしれませんね。

 

Tether Critical Announcement

Yesterday, we discovered that funds were improperly removed from the Tether treasury wallet through malicious action by an external attacker. Tether integrators must take immediate action, as discussed below, to prevent further ecosystem disruption. $30,950,010 USDT was removed from the Tether Treasury wallet on November 19, 2017 and sent to an unauthorized bitcoin address.

どうすれば、ICO市場をクリーンアップ出来るか

①ホワイトペーパーの標準化、②監査の実施、③金融市場に対する理解(既存の投資家に受け入れてもらえるプロジェクトの組成)、の3点を挙げています。もっともですね。

 

How Companies and Investors Can Clean Up ICO Marketplace

Unregulated crowdfunding is one of the major innovations introduced by Blockchain technology. This system of fundraising conquers the barriers of class and location, enabling anyone at anytime to participate in ventures they believe in without going through the rigorous processes of previous systems. For innovators and product creators, the ability to raise funds through token sales and Initial Coin Offerings (ICOs) simplifies their fundraising processes and opens their markets to greater opportunities in the global community.

 

近いうちにライトコインがあちこちで使われるようになってくる

アトミックスワップ技術によって、今後はトランザクションの早いライトコインを決済に、安全性の高いビットコインを貯蓄に、といった使い分けがされるようになる、との予想がされています。

Why Litecoin Will Be Used Everywhere Very Soon

With the launch of the first atomic swap between Litecoin and Bitcoin this month, it’s only a matter of time before this cryptocurrency could start seeing an extreme level of mainstream adoption. With the current transaction costs of Bitcoin getting more and more expensive, this way of transacting between the two currencies is a revolutionary way of getting the best of both worlds between the two coins.

 

CME, CBOE、ビットコイン先物の詳細を公開

CMEは、いよいよ年内中にスタートです!

 

CBOE, CME Bitcoin Futures Details Released

Both the Chicago Board Options Exchange ( CBOE) and the Chicago Mercantile Exchange (CME) have released details on the upcoming futures trading for the cryptocurrency Bitcoin. Both companies are planning launches of Bitcoin contracts barring any legal or regulation delays. CME had previously announced that its Bitcoin futures product would be available for trading on December 11.

ビットコイン「採掘」のための電力消費は環境問題-新興企業が解決策

この研究室でも好きな研究員が多くて、何度か紹介している水力発電のマイニング企業、ハイドロマイナーが有名になってきましたね。

たくさんのサイトで幾度となく紹介されています。

ハイドロパークはオーストリアにある使われなくなった発電所2箇所の電力でマイニングし、その豊富な水でマイニングサーバを冷却するのでICOしました。

環境にやさしく理想的なマイニングの方法で好きです。

日本でも使われなくなった発電所あったりするのですかね。

ご存じの方がいらっしゃったらご一緒してみませんか?

 

ビットコイン「採掘」のための電力消費は環境問題-新興企業が解決策

仮想通貨ビットコインを「採掘」するには大量の電力が必要だ。その多くを化石燃料による発電に頼っているのでは環境汚染の元になり、ビットコインの成長を止めかねない。

ICO評価 NAGA(株式取引用のSNS、Virtualグッズの交換所運営など 上場企業)

主に下記の3つのサービスが使えるエコシステム内で使用できるトークンのICO。

  • SWIPESTOX: 株式取引用のSNS.フォローしている人の取引をコピーできたりする
  • SWITEX:Virtual goodsの交換所
  • The NAGAWallet:通貨、仮想通貨共に保持出来、交換も出来るウォレット。近い将来デビットカードも発行予定

流石フランクフルト証券取引所上場企業だけあって、そして、2億2,000万ユーロの調達を目指しているので、ホワイトペーパー(+それ以外)の内容も充実しています。

調達資金の使い道も明示されているのと、既にSwipestoxが製品として存在して、お客さんもついているのは魅力ですね。

90頁超の長いホワイトペーパーですが、読んでみる価値はあると思います。

 

NAGA COIN (NGC) | Smart Cryptocurrency for gaming and trading

With the NGC, NAGA will establish the world’s first crypto-gateway to trade any sort of financial instrument, and virtual good in a secure and transparent way.