2018年 1月 の投稿一覧

LINEまだ協議なの

LINE、ビットコインなど仮想通貨での決済導入で協議-関係者

昨日、テレグラムのICOの記事を投稿しましたが、LINEも独自の仮想通貨圏のプラットフォームを目指すのですかね。

LINEのユーザ数はテレグラムのユーザ数とほぼ同じ規模ですし、コミュニティも充実していますので、同じような目標は現実的かと思います。

ただ、ICOの資金調達できる金額でいえば、同じような内容の1番目と2番目の資金調達では大きな差になるが多いように思います。

もし、LINEがLINEPAYを導入する時に、今回の仮想通貨に対応していれば、ICOで1000億の資金調達をしていたかもしれませんね。

メッセンジャーアプリの勢力図はこれから大きく変わりそうです。

LINE、ビットコインなど仮想通貨での決済導入で協議

無料通話・無料メールアプリ大手の LINE は、ビットコインなどの仮想通貨を自社の電子マネーに組み込むことなどにより、LINEを通じた決済や支払いを可能にするようなサービスの導入を検討している。複数の関係者が明らかにした。   関係者によると、LINEは国内外の仮想通貨取引業者と、具体的な連携の方法などについて協議している。 …

ヘッジファンド業界のスター「仮想通貨界のGoldman Sachsを作る」

大学レスリング部のキャプテンでもあったので、気合も相当入った人でしょうね。Princetonを出た後、10年でGoldmanのパートナーになり、日本でも働いたことがある人なんですね。その後自分のファンドを立ち上げ、ビリオネアに。

「今まで経験してきた中で、仮想通貨は一番大きなバブルだ!」と仮想通貨業界に乗り込む姿勢をしめしています。

「バブルだから、気をつけろ!」という人と、バブルに商機を見出そうとする人、得られるものは変わってくるのでしょうね。

 

 

Mike Novogratz starts merchant bank, envisioning the Goldman Sachs of crypto

by Erik Schatzker Mike Novogratz, the Wall Street trader who became one of bitcoin’s most outspoken champions, is starting a merchant bank dedicated to cryptocurrencies and blockchain-based ventures. And he intends to take it public.

 

「ビットコインはペテンだ」のJP Morgan CEO、発言を後悔

インタビューの中で、「ビットコインはペテンだ」と言ったことは後悔している、とのこと。また、「自分はあまりこの分野に興味がない」、「随分発言が話題になってしまったが、自分は他の人と違う意見を持っていただけ」、「自分の娘も実は2Bitcoinを買っていた。天才だね。」などとコメントをしていたようです。

 

 

JP Morgan Jamie Dimon Regrets his “Bitcoin Is a Fraud” Statement – Bitcoins Channel

Jamie Dimon, chair of JP Morgan Chase, was once again asked about his thoughts on bitcoin. In a wide-ranging interview on FOX Business, Mr. Dimon was given a few of his notable quotes back to him, and asked to assess his present feelings. It appears he’s softened a little on the the world’s most popular …

 

2億人のチャットアプリ「テレグラム」が仮想通貨史上最大のICO実施へ 来年3月までに数千億円調達し次世代ブロックチェーン立ち上げ

ちょっと、興奮しています。
今年はまだ始まったばかりですが、ものすごく大型のICOになりそうです。

研究室の調査でも、ICOにおけるコミュニティの参加人数や活性度は、資金調達規模と相関関係があるという結果が出ています。

今回、ICOを行なうテレグラムは、世界で2億人以上の人が使用するチャットシステムで、仮想通貨のコミュニティを始め一般市民も使用しており、その匿名性の高さから活動家やテロリストも使用しているようです。

今回テレグラムICOで目指すのは、既存のユーザをベースに新たな仮想通貨経済圏をつくりだすとしているので、チャットアプリのスケールを超えた『コミュニティ=経済圏』のような世界になるということなんでしょうね。

2億人の経済圏が誕生するかもしれないなんて、国家レベルの規模の話ですごすぎます。

私たち研究室の技術者からすれば、ICOの内容も気になりますが、それだけの規模を支える次世代のブロックチェーン技術であるTONネットワークに興味を持っています。

複数のチェーンやシャーディング機能を実装することで、1秒間に100万取引の処理をするというのが可能になれば、仮想通貨の勢力図は今と全く違うものになりそうですね。

テレグラムのICOは規模的にも技術的にも規格外の化物が出てきたような感じです。

 

2億人のチャットアプリ「テレグラム」が仮想通貨史上最大のICO実施へ 来年3月までに数千億円調達し次世代ブロックチェーン立ち上げ

世界で2億人以上が使用するチャットアプリのテレグラムが、有史以来最大のICOを行うことが分かった。 コインテレグラフが先月伝えていた …

暗号通貨バブルの影響

「ドットコムバブルが弾けたとき、多くの投資家は痛手を負ったが、そのバブルがあったおかげでインターネットインフラの整備が進んだ。

バブルによる過剰投資は、通常の経済状況では生み出せないものを生む」という考えは面白いですね。

仮想通貨バブルにより生まれるものとしては、ブロックチェーン技術や仮想通貨も含めた金融システムの発展、といったものなのでしょうか。

 

暗号通貨バブルはイノベーションを絞め殺している | TechCrunch Japan

以前からバブルかもしれない、バブルっぽい、と言われてきたが、いや間違いなくバブルだ。しかしこれは良いことでもあると擁護する声もある。これまでバブルは必要な分野に注目と資金を集めるために役だってきた。バブル投資がインフラを作り、それが結局イノベーションの基礎となった、というのだ。 …

 

アニメ製作用仮想通貨「トワイライトコイン」発行へ ファンがクリエイターを直接支援

2018年初頭にホワイトペーパーを開示し、春以降にアニメファンに「トワイライトコイン」というコインを買ってもらって製作資金を調達し、クリエイターに還元したり、作品を盛り上げるICOの計画があるようです。

アニメなど「オタク文化」への出資を目的とした仮想通貨としては「オタクコイン」も計画を発表し、春ごろのICOを目指しているのがありますが、この手のICOは他のICOに比べると計画告知に力を入れている感じですが、早くやったものが勝ちだったりする感じなんですかね。

 

アニメ系はクラウドファンディングでの資金調達も行われているジャンルなので、クラウドファンディングとの差別化は何になるのか、クラウドファンディングとICOそれぞれのメリット、デメリットを分析する意味も含めて、研究室でも注目しています。

一度、機会があればインタビューしてみたいですね。

 

アニメ製作用仮想通貨「トワイライトコイン」発行へ ファンがクリエイターを直接支援

アニメ製作に特化した仮想通貨「トワイライトコイン」発行計画を、アニメ監督のヤマカン氏が発表した。アニメファンにコインを買ってもらって製作資金を調達し、クリエイターに還元したり、作品を盛り上げる狙いだ。

仮想通貨をテーマにしたアイドルユニット「仮想通貨少女」誕生、ライブ入場料は仮想通貨で

あは!カルチャー的なアプローチが出てきました(^0^)v
仮想通貨、来てますね♪

第二のビットコイン探しをしている人も多い仮想通貨なのですが、たくさんありすぎてわかりにくく馴染みにくいのかもしれません。

その馴染みにくい仮想通貨をエンタメカルチャーとして遊んでしまう発想はすばらしいです。

将来的には時価での評価も含めた人気でセンターが変わったりするような連動性もあったりするのですかね。

是非、独自トークンでICOもやってほしいですね。
当研究室でもお手伝いさせていただきます。

仮想通貨は今年の流行語大賞になったりするかもしれませんね。(はやすぎ(笑)

 

仮想通貨をテーマにしたアイドルユニット「仮想通貨少女」誕生、ライブ入場料は仮想通貨で(コメントあり) – 音楽ナタリー

女性アイドルグループ・星座百景の派生ユニットとして、仮想通貨をテーマにしたアイドルユニット・仮想通貨少女が結成された。

「仮想通貨関連ドメイン」が値上がり、2億円で売れた例も

もう20年ほど前になりますが、かってインターネットが普及する過程で、人気ドメインが高値で取引された時期がありました。
その後、爆発的にWebサイトが増え、検索エンジンが注目されるようになっていきました。

賢者は歴史に学ぶと言われていますが、ドメインから将来のトレンドを想像してみるのも、悪くないかもしれませんね。

イーサリアムを表す「ETH.com」というドメインが200万ドル(2億2500万円)売買されたことから考えると、イーサリアムは今年注目を集める仮想通貨だったりするのですかね。

 

「仮想通貨関連ドメイン」が値上がり、2億円で売れた例も

ドバイ在住の投資家、Sharjil Saleemはドメインへの投資で財を成している。昨年10月にSaleemは「ETH.com」というドメインを200万ドル(2億2500万円)で売却したが、このドメインは2008年に1万9800ドルで購入し

勝手に仮想通貨獲得の「採掘」個人PCを乗っ取り、12倍急増

ビットコイン発掘不正プログラムウイルスの感染率は、日本が全体の約 1/4 にあたる 24%と最も多く、アメリカの 21%の感染と合わせると世界の感染台数の4割以上を占めるようです。

日本の感染率が高いのは、マイニングには性能の高いPCの方が効率がいいので、性能の高いPCを使用している日本が狙われているのですかね。

ビットコイン発掘不正プログラムの攻撃手法は、オンライン銀行詐欺ツールやセキュリティソフトを装った不正プログラムの、オンライン詐欺攻撃と同じ手法のようです。

 

勝手に仮想通貨獲得の「採掘」 個人PCを乗っ取り、12倍急増 – 共同通信

個人のパソコンを乗っ取って仮想通貨を獲得できる「マイニング(採掘)」という作業を勝手にさせ、不正な「稼ぎ」に加担させるウイルスが日本国内で急増していることが分かった。情報セキュリティー会社トレンドマイクロによると、ウイルスを拡散する不正サ…

ベネズエラが仮想通貨発行

 ベネズエラは原油確認埋蔵量で世界首位を誇る。マドゥロ氏は「1ペトロはベネズエラ産の原油1バレルの価格に相当する」と述べた。

これは石油価格との固定レートで行なうという事なのですかね。

ベネゼエラ政府がやろうとしているのは、金本位制ならぬ石油本位制だとすると「ドル建てのドルが石油本位制でなく、ペドロ建てでお願い。」ということなんですかね。

 

ベネズエラが仮想通貨発行 「ペトロ」、1億単位 – 共同通信

【リマ共同】南米ベネズエラからの報道によると、反米左翼マドゥロ大統領は5日、昨年12月に導入を発表した独自の仮想通貨「ペトロ」について1億単位の発行を命じたと発表した。  ベネズエラは原油確認埋蔵量で世界首位を誇る。マドゥロ氏は「1ペトロ…