2018年 3月 の投稿一覧

ICOがICOを呼ぶ

流出したNEMの追跡ではありませんが、ICO研究室でもブロックチェーンをトレースすれば追跡は可能なので、ICOトークンを追跡するツールは今後需要が大きいとの話が出ていました。

これにより、ICO参加者が今後どのようなアクションを起こすのかもわかりますし、ICOの透明性や公平性を高める上でも役立つツールになるかと思います。

なによりこの手のツールを利用することで、ICOに興味がある企業がICOをおこなったときのシミュレーションや同業他社の動向をリサーチすることに役立ちます。

ライバル企業がICOを行い資金を集めることに成功してしまうと、資金力で遅れをとることになりますので、競ってICOで資金を集める流れになりやすい傾向になったりしますかね。

 

PwC、 ICOトークンの追跡ツールを開発 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

大手会計事務所のPwCは、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で発行されたトークンの行方を追跡するための解析ツールを開発している。トークンを追跡し、違法な取引に使われていないかを確かめる。 …

Google、仮想通貨関連の広告を6月から禁止

Googleが、仮想通貨関連(ICO、仮想通貨取引所、ウォレット、などなど)の広告を今年の6月から一切禁止することを発表しました。

理由は、「依然仮想通貨の将来性が不透明な中で、消費者が被っている不利益が見逃せない状況になってきているから」だそうです。

確かに当研究所でも多くのICO案件を評価していますが、「本当にこのICOは消費者・投資家のことを考えているのだろうか?」と言いたくなるようなものが少なくありません。そういった観点からは、妥当な措置とも思えますが、一方で、仮想通貨関連の広告が一律禁止、ということになると、良い案件や良い取組の拡散スピードが遅くなるのではないかという懸念もあります。

ただ、仮想通貨に対する社会のニーズの大きさを考えると、最終的にはグーグルもポリシーを変えることになるのでしょうね。

Google is Banning All Cryptocurrency, ICO Advertisements from June

Get Trading Recommendations and Read Analysis on Hacked.com for just $39 per month. With a change of policy, Google has announced a new hardline approach with a crackdown on cryptocurrency-related advertising.

 

国際決済銀行(BIS)、「仮想通貨の発行には熟考が必要」と各国中央銀行に警告

各国の中央銀行は、他では出来ない自国の仮想通貨を焦って発行しなければ、いけない理由はないのかもしれません。

自国の仮想通貨は当然自国通貨と連動するペッグ通貨であり、中央集権的通貨となりますので発行するメリットは少ないかもしれません。

ただ、先日発行されたベネズエラの埋蔵資源と連動したペトロ通貨のような形だと、新たな資金調達の方法の選択肢として有効だったりするのですかね。

 

国際決済銀行(BIS)、「仮想通貨の発行には熟考が必要」と各国中央銀行に警告【フィスコ・ビットコインニュース】 | マーケット速報 | 企業情報FISCO

株式投資・企業分析のポータルサイト「FISCO」におけるマーケット速報。 投資情報のフィスコが提供する市況概況、個別銘柄速報など。

マイニングによる発熱を暖房に

フランスのQarnotという会社がマイニングで生じる熱を、暖房に利用する機器を開発しました。マイニングはGPUを使用し、対象はイーサリアム。寒冷地では0.03 USD/kWhと高効率でのマイニングが可能になり、2-3年で機器代金がペイするそうです。

誰もが考えたであろうアイデアですが、UberにしてもAirB&Bにしても、実行した人は偉いですよね。

これで床暖房とかもできるようになればいいなぁ~と思う反面、「普通の暖房機器より壊れやすいよね。壊れたらメンテナンスどうするんだろう(機器をフランスに送るのかな。普通の電気屋さんでは直せないよね)。結局サブの暖房用意しないといけないのかな。」などと考えてしまうのは、日本人だからでしょうか・・・

 

Cryptocurrency Mining at Home Heats Up With Eco-Friendly Miner

Proof of Work (PoW) mining operations, like Bitcoin and Ethereum, use a tremendous amount of and generate a tremendous amount of waste heat. is one of a number of growing companies that has found a way to turn that waste heat into controlled heating for the home or office.

 

日本の3銀行(住信SBIネット、スルガ、りそな)が今秋リップル技術利用のスマホ送金アプリをリリース

当研究室の技術研究員がリップルの分散型台帳技術はブロックチェーン技術ではないといいます。
本来、ブロックチェーンだと台帳に記入するのは過半数のネットワーク参加者の承認が必要ですが、リップルの場合はリップル社が決めた人の承認で分散台帳に記入することが出来ます。

この方法は公平ではないため、ブロックチェーン技術とはまったく違うものと彼はいいます。

この中央集権的でどこかがコントロールしやすい考え方が、今の金融関係には馴染みやすかったりするのだと思います。

そのため、RippleNetWorkを使用した国際的なと銀行間のツールとしてますます伸びると予想されます。

 

https://coinchoice.net/japan-3bank-ripple-app-start/

コーデックス(Codex)アート作品をブロックチェーンで守る

来歴をブロックチェーンの書き込むのはいいアイデアすね。

確かにその時々のアート作品の所有者をブロックチェーン書き込まれることで、そのアート作品のコピー(贋作)は出にくくなりますね。

ブロックチェーンに来歴が書き込まれていることで価値があがったりするようになるのかもしれません。
ブロックチェーンを利用したアイデアを考えてみませんか?

 

 

Startup Codex Brings Blockchain to Art With Backing From Pantera

Blockchain is a potentially revolutionary technology for all sorts of industries, from finance to food safety, social media and retail. A startup plans to use it in the notoriously opaque world of fine art to verify authenticity. Codex has developed a decentralized database for the market for art and collectibles like antique cars and jewelry.

「楽天コイン」は日本のインターネット企業の“勝ち筋”となるか

他のトークンでも言えることですが、楽天コインは取引所で交換できるか否かがポイントになりますね。

近視的な考え方だと、他のコインへ変換され楽天では使ってもらえないので、取引所での交換は得策ではないと判断してしまいがちですが、そうしてしまうと流動性をなくしてしまい勝ち組にはなれないように思います。

 

「楽天コイン」は日本のインターネット企業の”勝ち筋”となるか

携帯電話事業参入を表明した楽天が新たに打ち出した「楽天コイン」。ブロックチェーン技術を活用して楽天スーパーポイントを仮想通貨とし、楽天が持つ国内外のサービスでIDやポイントの共通化を図るという構想だ。日本企業が海外展開を進めるうえで参考となる前例になるだろうか。

NASDAQ企業が仮想通貨マイニング事業に、市場も好感

NASDAQに上場しているパテントマイニングの会社が、仮想通貨マイニング事業に進出。

マイニング企業が集積するCanadaのQuebec州で事業をスタートするとのことで、ニュースの発表後に株価が32%も上昇しているようで、株式市場は仮想通貨マイニングに必ずしも否定的ではないようですね。

 

 

 

Nasdaq-Listed Marathon Begins Bitcoin Mining Operations, Stock Up 32% – Bitcoin News

Traditional stock investors have just gotten another avenue for indirect exposure to the bitcoin market. A Nasdaq exchange listed former patent management company, Marathon, has changed its focus to ASIC mining and today started producing bitcoin. Also Read: Silicon Valley VCs Help Crypto Hedge Fund Reach Quarter Billion Target Marathon Patent Group, Inc.

 

動画キャプチャアプリが勝手にマイニング

動画キャプチャアプリの「oCam」はインストールすると、マイニングするツール「BRTSvc」も併せてインストールされてしまうようです。

「BRTSvc」のインストールを拒否し、「oCam」のみを使用することは可能ですが、やっかいなのは「BRTSvc」をインストールしてしまった場合には、「oCam」をアンインストールしても、「BRTSvc」はアンインストールされないようです。

「BRTSvc」はウィンドウやタスクボタン、タスクトレイアイコンなどを一切表示しません。
「BRTSvc」はバックグラウンドで40~50%ほどのCPUパワーを勝手に占有し、PCがスリープしないようするそうです。

アプリをインストールする時に何気なく「はい」を押していると希望していないブラウザツールなどのアプリがインストールされますが、あれより悪質なような感じですね。

仮想通貨の採掘を秘密裏に行うツールをバンドルした「oCam」を窓の杜で収録中止/ユーザーインターフェイスを一切表示せずマイニングを実行し、CPUパワーを占有

窓の杜ライブラリに収録していた動画キャプチャーソフト「oCam」をインストールすると、仮想通貨を採掘(マイニング)するツール「BRTSvc」も併せてインストールされます。窓の杜では1月26日に「oCam」のライブラリ収録を中止すると同時に、開発元であるOhsoftに対して事実の確認と影響の調査を実施しておりました。その結果、「BRTSvc」はユーザーにとって悪影響を与えると判断しました。

マイニングPCで冬を越せるか マシンの発熱を暖房にしてみた

今年の冬は寒かったですね。
マイニングマシンは発熱がすごいと言われていますが、暖房機の代わりにマイニングマシンを買って暖房として使った強者がいるようです(笑)

4枚のGPUボードマイニングで18℃の室温が23℃のようで、5畳の部屋であれば、GPUボード2枚〜3枚でマイニングすると十分暖かいようです。

ちなみに4枚でのマイニングで電気だとトントンらしく、暖房代が浮いた感じだそうです。

年末に暖房機の代わりにマイニング初めてみませんか?

 

マイニングPCで冬を越せるか マシンの発熱を暖房にしてみた (1/3)

グラフィックスカードが筆者の命運を左右する……?  時は2017年師走。筆者は自室で震えていた。  話せば長くなるので割愛するが、諸事情により5畳ほどの自室からエアコンがなくなったのだ。自室にはデスクトップPCを置いており、もろもろのソフトウェア環境が一番整っているので震えながらキーボードをたたいているというわけだ。 …