2018年 5月 の投稿一覧

ICOトークン(仮想通貨)のタイプ、まとめ

ICOトークン(仮想通貨)はそのインセンティブにより下記のようにわかれます。

最近はユーティリティ系のトークンが多くなってきましたね。

大規模な資金調達したICOにクローズアップされますが、ユーティリティ系のICOで

社会貢献を目的とした少額のICOが多くの方ができるような世の中になってほしいですね。

 

エクティ系トークン
株式型トークン
「保持することで配当を受け取る権利や議決権があるトークン」

ベット系トークン
ファンド持ち分型トークン
「保有数に応じた収益を受けることができるトークン」
「キャピタルゲインのみが期待できるトークン」

ユーティリティ系トークン
プリペイド型トークン
「商品の購入やサービスの利用料などの対価として利用できるトークン」

アプリケーション・プラットフォーム型トークン
「トークン自体が機能を持つ、ゲーム系に多いトークン」

会員権型トークン
「トークンの保有数によって会員優待を受けられるトークン」

 

「素材 仮想 通貨 背景」の画像検索結果

暗号通貨業界で重要な世界の都市10選、東京はリスト入り?

暗号通貨業界で重要な都市10選は1,ベルリン、2,シンガポール、3,スイス、4,ブエノス・アイレス、5,ロンドン、6,杭州(中国)、7,マルタ、8,トロント、9,テルアビブ、10,スロベニアだそうです。

ベルリンには、暗号通貨プロジェクトがたくさんあり重要、シンガポールは、Ethereumコミュニティの成熟度の高さとプロジェクトが多く存在、スイスはクリプトバレーでICOを行いやすい環境、テルアビブは、開発者コミュニティが活発なためだそうです。

東京は今後重要な都市だそうですが、その理由がプロダクトをデリバーするポジションではなく、暗号通貨の投機を入り口とした最大消費地という立場としてのようです。

ブロックチェーンの将来性や重要性が認識される中、すこし寂しい状況のように思います。
出来れば、ベルリンやシンガポールのように東京も、数多くのブロックチェーンプロダクトの拠点となってほしいものです。

これらの国との違いは何でしょうね。

非中央集権的なものへの可能性と理解の差だったりするのかも知れません。

主なプロフダクトの拠点
ベルリン:Gnosis、cosmos、Truebit、Golem、LISK、IOTAなど
シンガポール:DigixDAO、TenX、KybaerNetwork、Zilliqaなど
また、ヴィタリック氏の活動拠点、Ethereumコミュニティが成熟
テルアビブ:開発者コミュニティが活発。ICOのBancorの拠点

暗号通貨業界で重要な世界の都市10選、東京はリスト入り?|CoinChoice

先日、Twitterでアメリカの暗号通貨ファンドである1confermationのファウンダーであるNick Tomino氏が、アメリカ以外の都市で暗号通貨業界で重要な都市をリストしていました。 Most important hubs for cryptocurrency outside the US: 1) Berlin 2) Singapore 3) Switzerland 4) …

三菱UFJ銀行、独自仮想通貨「MUFGコイン」の実用テスト実施へ

MUFGコインは、あらゆる商品やサービスの購入ができるマイクロペイメントとしての処理スピードと、口座から口座へとスムーズな移動が可能な送金スピードが実用テストではポイントになります。

世界の金融機関および銀行系では、すでにリップルのネットワークを使った送金実験が世界的に行われていますので、MUFGコインもリップルネットワークを使い、コインとしての特性はリップルに法定通貨と連動するTetherをあわせもった仮想通貨になるように思います。

プロトコルから新たに開発し独自なブロックチェーンを開発することも考えられますが、実用テストが近いことを考えるとリップルネットワークを使ったものになるのでしょうね。

MUFGコインのメリットは円の価格と連動することで三菱UFJファイナンシャルグループが価値を担保してくれることです。

そうなれば、MUFGコインを介して流動性を高めることが可能となりますので、昨年末Tetherがビットコインを大量に購入し、ビットコインの価格が上がったように流動性が高まり、上昇しやすい環境となりますので、仮想通貨全体としてはいい方向かと思います。

三菱UFJ銀行、独自仮想通貨「MUFGコイン」の実用テスト実施へ|CoinChoice

日本最大の貸し手であるに三菱UFJファイナンシャルグループ(MUFG)は、自社開発の仮想通貨『MUFGコイン』の発行を計画している。この件に関して、顧客である約10万人のアカウント保有者が関わる大規模なテストを行う予定だ。またMUFGは、仮想通貨のシステムであるブロックチェーン技術を銀行全体の業務に活用する方法を検討しているとも言われている。 …

ヨーロッパからの帰国…からの、新潮からのタックル。。。

先日、スピンドルの価格が大幅に下がっていて、このままで詐欺的ICO扱いされる可能性はあることを投稿しましたが、GacktのBlogを見るとスピンドルの世界5カ国同時上場のためにヨーロッパで徹夜で作業していたようです。

仮想通貨の価格は流動性が高くなれば、価格が上がりやすくなりますのでスピンドルの世界5カ国同時上場はいい方法だと思います。

その上、著名人であるGacktであれば、世界5カ国同時上場の情報は拡散しやすいため、価格は上がりやすくなると言えるかと思います。

GACKT『ヨーロッパからの帰国…からの、新潮からのタックル。。。』

日本に無事到着。 あっという間のヨーロッパだった。 今回はSPINDLEの上場も重なりほとんど部屋で仕事をすることになってしまった。 もちろん、 時差があ…

1本200万円の高級酒をホストに入れまくる 女性の財源は仮想通貨バブル

ホストに通う女性がキャバ嬢や女社長が多かったが今は仮想通貨で稼いだ女性たちがホストクラブに通い、現在のホスト業界を支えている。

紙袋に大量の現金を持参し、1本200万円のレミー・マルタン10本使用した“ルイタワーを注文しているようです。

これって、仮想通貨で支払えるようにするともっと使いやすくなったりしませんかね。
それにしてもすごい使い方ですね。

今のICOの高額な資金調達を達成している盛り上がりも、こういった億り人が中心だったりするのでしょうかね。

https://abematimes.com/posts/4275232

イーサリアムとカルダノ、2つの仮想通貨に携わった30歳が駆け抜けた5年

「イーサリアムもはじめたころは、機能しないだとか、詐欺だとばかり言われていたからね」

そう言えば、昔そんなことを言われていた時期もありましたね。
今のイーサリアムのポテンシャルから考えると、想像できないくらいなので忘れていました。

そういう意味ではチャールズ氏が開発しているオンラインカジノやゲームの不公平な環境を改善するためのプラットフォームであるカルダノや、その仮想通貨であるADA(エイダ)は圧倒的な送金スピードがありますし、イーサリアムのようなスマートコントラクトであるPlutusで複雑な契約も処理できるとされています。

カルダノと聞くとカジノやゲーム限定に捉えがちで、シャットダウンしてしまいがちですが、ポテンシャル的はイーサリアムよりもあるかも知れませんね。

 

イーサリアムとカルダノ、2つの仮想通貨に携わった30歳が駆け抜けた5年

5年前に仮想通貨にのめり込んで以降、「イーサリアム」と「カルダノ」という、世界で十指に入る、2つの仮想通貨の立ち上げに携わった30歳の起業家がいる。…

これから20〜30年後、ビットコイン(BTC)はどうなっているのだろうか?

確かに20年〜30年先を考えると、ビットコインの未来がある派と未来がないという派に、確かに分かれると思います。

ビットコインを通貨として考えた場合、耐久性、分裂性、認識可能性、希少性、利便性を満たしてないといけないが、希少性と利便性には疑問符がつくとの見解です。

また、これらが満たされていれば、法定通貨に取って代わるらしいですが、ビットコインに関して言えば、希少性は高く、利便性も法定通貨に比べれば高いと思うのですが法定通貨に取って代わることはないように思います。

取って代わるよりも共存する形のほうがより便利な社会であったりしませんかね。

 

https://coinchoice.net/btc-be-in-another-20-to-30-years/

アジア最大級のブロックチェーンカンファレンス「2018 TOKENSKY TOKYO」が開催決定―アソビモとTokenSkyが共同開催

3月14日・15日にソウルで開催されたブロックチェーンカンファレンスTOKENSKYが、2018年7月4日(水)・5日(木)にベルサール汐留で開催されるようです。

TOKENSKYは世界の著名な経済学者・教授・投資家・事業家などの有識者・専門家が集まり、ブロックチェーンに関するさまざまな機会・問題などについて議論するのですが、ソウルでは170の人や団体が登壇されたので、「TOKENSKY TOKYO」でもそれ以上の盛り上がりになるのではないかと思われます。

これに合わせ共同開催者であるアソビモは2018年7月4日15時(JST)からゲームアイテムの取引などを行うゲームアイテム二次流通プラットフォームのICOトークン「ASOBI COIN」のプレセールを開始する。

 

アジア最大級のブロックチェーンカンファレンス「2018 TOKENSKY TOKYO」が開催決定―アソビモとTokenSkyが共同開催|Gamer

アソビモは、アジア最大級のブロックチェーンカンファレンス「TOKENSKY(トークンスカイ)」の東京大会を、TokenSky組織委員会と共同で、2018年7月4日・5日にベルサール汐留にて開催することを発表した。

ベトナムでも7.4万人がビットコインに投資

1ヶ月ほど前、被害規模700億円のICO詐欺事件がおこなわれたベトナムでは、ビットコイン投資家が2016年の3万人から7万4000人へと急増しているようです。

ベトナムはビットコインを取引できる取引所が12か所もありますが、すべてが無許可であることもあり、もっとユーザが増えるように思います。

ビットコイン自体の取引量もベトナムは東南アジアで上位3か国にランクインするほどの取引量ですが、この勢いでいきますともっと増えるように思います。

このまま規制が少ない状態が維持できれば、ベトナムは仮想通貨の社会実験に適した場となり、ブロックチェーンの開発が進むのではないかと予測されます。

ベトナムはオフショア開発拠点としても優秀なのを考慮すると、東南アジアでベトナムはブロックチェーン先進国になる可能性を秘めた国と言えるかも知れませんね。

 

https://www.viet-jo.com/m/news/economy/180525221235.html

ビットコインなど仮想通貨、価格操作ないか米司法省捜査

最近、ビットコインの価格が下がってきている原因の1つに、ウォッシュトレードや見せ玉による価格操作疑惑がありそうです。

トレーダーの方が価格が動きそうと判断する基準の1つに、取引高があろうかと思います。

実態を伴わない売買を口座間で繰り返し虚偽の取引高をつくることを、ウォッシュ・トレード(仮装売買)といいますが、虚偽の取引高を膨らませ他の人の取引を誘発したり、見せかけの大量注文や取り消しを繰り返す「見せ玉」が行われた可能性があり米司法省が操作するようです。

これらの行為は株式取引では違法とされており、こういった不正を仮想通貨で行わないよう交換所が、積極的に監視していくことが問われるようになりそうですね。

 

ビットコインなど仮想通貨、価格操作ないか米司法省捜査

米司法省は、ビットコインなどの仮想通貨について、トレーダーによる価格操作がないか、刑事捜査に着手した。事情に詳しい関係者4人が明らかにした。不正行為がまん延しているとの批判もある仮想通貨市場に対し、米当局が監視を大幅に強化することになる。   匿名を条件に語った関係者によれば、同省が重点的に捜査しているのは、約定を意図しない見せ玉を注文し、狙った方向に価格が動けば素早く注文をキャンセルする「スプーフィング」や、自己売買による仮装取引で第三者を欺く「ウォッシュトレード」などの違法な手口。   連邦検察当局は、ビットコイン先物の取引監視に当たる商品先物取引委員会( CFTC )と協力しているとされる。仮想通貨を巡っては、不正を働くトレーダーを全ての交換所が積極的に追跡しているか疑問がある点や、価格操作を容易にするような大幅な価格変動、株式などとは違って規制を欠くことが、不正の温床となりかねないと懸念されている。   この一報を受けて24日の取引でビットコインは 続落 し、ロンドン時間午前9時32分現在は3%安の7409ドル。5月4日に付けた直近高値からの下げは20%を超えている。   司法省の報道官はコメントを控えた。CFTCの当局者にコメントを求めたが返答はない。関係者によると、捜査は初期的な段階にあるという。 原題: Bitcoin Manipulation Is Said to Be Focus of U.S. Criminal Probe(抜粋) Bitcoin Manipulation Said to Be Focus of U.S. Criminal Probe (1)