5000万ドル以上調達のICOプロジェクト、12件が未だ開始されず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ICOプロジェクトの中で日本円で約56億円以上調達できたICOは、調達に成功したICOプロジェクトと言っていいと思いますが、BitMex仮想通貨取引所のヘイズ氏によると、そのICOプロジェクトのうちテレグラムやFilecoinなど、12件以上のプロジェクトが未だにローンチされていません。

ここ数ヶ月の仮想通貨の弱気市場を受け、多くのプロジェクトが資金を失っているため、資金繰りが悪化しなかなかローンチ出来ないプロジェクトもあろうかと思います。

仮想通貨取引所では、運営している仮想通貨取引所でICOプロジェクトを、流通させるかどうかをジャッジする立場にいます。

一般的に調達金額が多いプロジェクトは、取引所のユーザ数、取引高に影響するため、取引所としては扱いたいICOプロジェクトとなります。

そのため、多額の資金を調達したICOプロジェクトの上場ハードルは低くなりますが、なかなかローンチしていないとなると市場がそのプロジェクトに失望する可能性も高く、当初取引所が描いていたメリットもなくなります。

そのため、今後上場を見送るケースも出てくることになるでしょう。

注目したいのは、こういった発表が仮想通貨取引所のBitMexから、発表されていることです。

このことはICOプロジェクトの品質や評価は、仮想通貨取引所により決まる流れと、いってもいいかと思いますし、ICOプロジェクトの成功にも大きく影響してくることになります。

ICOプロジェクトにとって、仮想通貨取引所はお代官様みたいな感じですかね。

 

5000万ドル以上調達のICOプロジェクト、12件が未だ開始されず | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

仮想通貨交換所のBitMexは5000万ドル以上の調達に成功したICOプロジェクトのうち12件がまだ開始されていないと発表した。CEOのアーサー・ヘイズ氏はこのトークンをshitと表現し、誰がこのトークンを二次流通させるだろうか、と痛烈に批判した。参照元

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*