実は全取引の94%が中国元…ビットコインの次はあるか『アフター・ビットコイン 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本書では「ビットコインは、上位1%が全体の9割を保有している」「通貨としてのユーザーはたった2%」「全取引の94%が中国元」「マイニングの7割が中国企業」等、巷(ちまた)で流布されているビットコインの自由でオープンなイメージとは全く異なる驚きのデータが続々明かされます。

ビットコインや仮想通貨の世界は動くのが早いため、今までの経過を知るには体系だって整理されている書籍は、いいメディアかと思います。

ビットコインのその次と言うか、ビットコインを支えている技術であるブロツクチェーンが、世界を変える大きなテクノロジーというのはそのとおりだと思います。

そのブロックチェーンの最大のメリットは非中央集権的化できることなので、その機能をどこまで実装されるのかが問われますね。

 

【編集者のおすすめ】実は全取引の94%が中国元…ビットコインの次はあるか『アフター・ビットコイン 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者』

仮想通貨のビットコインといえば、次々と最高値を更新し、「未来の通貨」とマスコミでもてはやされ、テレビCMでもよく見るようになりました。「面白そう」「儲(もう)かりそう」と興味を惹(ひ)かれる方も多いのではないでしょうか。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*