Airdrop(エアドロップ)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AirDrop(エアドロップ)とは、無料(タダ)で仮想通貨がもらえる仕組みです。
『無料で損をしない』と言われると怪しいと思ってしまいますよね。
でも、あの流出事件で有名なったNEMや注目を浴びているOmiseGoもAirdropをやっていたんですよね。
最近では、昨年の11月21日から40日エアドロップしたRebellious(REBL)は、最大4,000REBLもらえたのですが、取引所に上場後の最高値で4,000REBLを売ったとしたら、1REBL、0.39ドル、4000×0.39=1560ドル(約17万円)にもなっていました。

申請すればよかった・・。

Airdropはいろいろなありますが、もらえるコインは草コインや草コイン以下の、数円にもならないものがほとんどです。
しかし、NEMやOmiseGo、Rebelliousのように100倍になる高額Airdropもたまにあるのです。
高額なAirdropに出会うためには、効率よく多くのAirdropに参加するのが一番の近道です。

ICO研究室ではエアードロップユーザが、高額なAirdropに出会いやすくするために、Airdrop情報をまとめたサイトを新たにオープンしました。

Airdropが一般化になることで、ICOはもっと身近になります。
特にユーティリティ系のICOにおいて、Airdropは効果的なバイラルマーケティングでもあると同時に、コインユーザを増やすことはプロジェクトのサポーターを増やす事もできるばかりか、取引所への上場(取り扱い)もしやすくなるように思います。

エアドロップサイト

 

 

 

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*