Airdrop(エアドロップ)が再評価される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ICOはinitial coin offeringと言われていますが、投資家にとってはスキャム的(詐欺)なICOが増え、リスクが大きいことで知られているため、各国の規制強化の方向性になっています。

これに取って代わって再評価されているのが、エアドロップでユーザー基盤と活発なコミュニティの両面を構築できる可能性があり、新たなユーザーにトークンを配布して、結果的にユーザー数が増える方法として再評価されて来ています。

エアドロップは多くの投資家が関心を抱き、ICOに比べて人気が高まる潜在的可能性があります。

また、ソーシャルメディアで共有されて人気が高まれば、エアドロップされたトークン発行プロジェクトは瞬く間に広がる可能性もあるため、マーケティングの側面としても注目されています。

バミューダのような仮想通貨肯定的な国でも、ICOは登録制となり規制する方向のようです。

ICOが規制された場合、エアドロップはどうなるのでしょうか?
無料でトークンを配布するエアドロップの方法は、ICOが規制されても合法な手段として残る可能性が高いです。

ICO研究室では、ICO評価度やコミュニティ度などを数値化し、将来性のあるエアドロップを一目で発見できるサイト『エアドロマニア』を運営しています。

エアドロップで金銭やウォレットのプライベートキーを要求されることはまずありませんので、不用意に送ることを避けるようにしましょう。

 

 

「硬貨」の画像検索結果

 

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*