ビットコイン先物の取り扱いにCMEグループも名乗り CBOEとの間で一番乗り争い いよいよ「機関」の参戦か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界屈指のデリバティブ取引所運営会社であるCMEグループが、年内までにビットコイン先物を上場する」と発表したそうです。

なんか、世の中がすっと動いたような感じですね。

CMSグループがここまで大きくなったのには、1972年に金融先物取引を国際通貨市場を発足させ、外国通貨の先物取引をしたのが始まりなのですが、そのCMSがビットコインの先物を取り扱うということは、おおっぴらに仮想通貨に投資できるようになることを意味します。

すなわち、今まで個人投資家中心だったビットコインの市場に、機関投資家が本格的に入ってくるようになりますね(^0^)v

また、ウィンクルボス兄弟がすすめているビットコインの上場投資信託も認められやすくなります。

やったね!ウィンクルボス兄弟。

ビットコインは年末に向けて評価が高まっていく感じですね。

11初18日あたりで行われるsegwit2xのハードフォークの不安材料も、飲み込んでくれたかな?(笑)

 

 

ビットコイン先物の取り扱いにCMEグループも名乗り CBOEとの間で一番乗り争い いよいよ「機関」の参戦か? : Market Hack

今日、 CMEグループ (ティッカーシンボル:CME)が「年内までにビットコイン先物を上場する」と発表しました。上場はシカゴ・マーカンタイル・エクスチェンジ(CME)になる予定です。(ただし当局からの承認が必要です) …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*