ビットコインで市民権の取得が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タックス・ヘイブンで有名なバヌアツ共和国は、約2200万円で市民権を取得することができるが、この度ビットコインでも支払いが可能となった。

 

オーストラリアの取引所が窓口対応し、バヌアツ共和国に送られるそうです。

ターゲットはビットコインで稼いだ億り人のなのでしょうね。

この場合、課税はどうなるんでしょうね?
バヌアツ共和国の市民権、2200万に対して雑収入で課税されるのでしょうかね。

 

ビットコインで市民権の取得が可能に | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

オーストラリアの北東に位置する諸島のバヌアツ共和国には、外国人が特定の条件を満たせば市民権を取得することができるプログラムがある。20万ドル(約2200万円)を支払うことが条件の1つで、これがビットコインでの支払いが可能になった。バヌアツ共和国やドミニカ国(ドミニカ共和国とは別)のような、一定額の投資で市民権を取得できる国や地域はいくつか存在するが、ビットコインの支払い受付を開始した国はバヌ…

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*